需要が広がるAHAハートセイバーCPR-AED講習

アメリカ心臓協会AHAのハートセイバーCPR AEDコース
 
これは医療従事者以外の職業人のために作られた、世界で初めてのAED講習プログラムです。世界中の市民向け心肺蘇生法&AED講習の原点がここにあります。
 
日本では心肺蘇生法やAED操作に関してサティフィケート certificate を求められることは医療従事者ですらありません。
 
しかし、米国においては、学校教職員や警備員、警察官、スポーツトレーナーなどは、法規制に基づいた2年間に1回のCPR AEDトレーニングの受講と certificate の更新が義務付けられています。
 
BLS横浜は、ハートセイバーCPR AEDコースを国内で公募継続開催している唯一のAHA活動拠点です。
 
そのため、日本で働く米国人教師や、外資系企業職員、国際的な技術証明が求められるフライトアテンダントやツアーナースなど、Heartsaver CPR AEDカード発給を求める人を全国から受け付けてきました。またヨガやスポーツトレーナー、ヨット、ダイビングなどの米国系の団体が主催するインストラクターになるための要件としてCPR AEDステイタスを求めていらっしゃる方も少なくありません。
 
同じ心肺蘇生法講習修了証でも、日本のガイドラインに準拠した日本語の修了証では通用しない、そんな場面も目立つようになってきました。特に2020年、東京でオリンピックが開催されます。そこに向けて警備業界でも国際水準の安全対策を、ということでAHA講習の需要も高まっているようです。
 
もともとは横浜でないと受講するチャンスがなかったAHAハートセイバーCPR AEDコースですが、現在はBLS横浜と提携する下記の地域・団体で受講できます。
 
どこも公募開催だけではなく、施設への出張講習や少人数での企画講習にも対応していますので、興味があればぜひ、問い合わせてみてください。
 
 
 
・いのちのバトン浜松(静岡県)http://libham99.blog.fc2.com/
・BLSくまもと(熊本県)http://bls-kumamoto.com/
・ファーストエイド沖縄(沖縄本島)http://www.ofan.jp/
・サーフガード久米島(沖縄県久米島)http://blog.canpan.info/surfguard/
 
 

 


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする