エマージェンシー講習

バイク用品チェーン店ナップスさんとの共同企画のエマージェンシー講習会が終了しました。
 
基本ベースは、心肺蘇生法とAED、窒息の解除からなる普通救命講習Iで、横浜市消防長の修了カードを発行する正式なコースですが、そこにバイク関連グッズ専門店ということで、バイク事故での対応に関する話題も盛り込みつつの講習会でした。
 
受講者2-3名に1体の練習用マネキンを使ってもらい、限られた時間の中でしたが、いい汗をかくくらいに練習してもらいました。
 
また、実践編として、ヘルメットをかぶったまま床に倒れている人の呼吸が確認できるかどうかや、ヘルメットの脱がせ方、複数のけがをしている場合、なにを優先的に診ていけばいいのか、などの実際的な話や体験をしてもらい終了しました。
 
今回、初めての企画で、バイク愛好家の皆さんがどんなことを求めているのかという点は手探りでした。
 
今回参加してくださった方たちが書いてくれたアンケートを元に、さらなる「ためになる講習会」を企画していかれればと思います。


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする