保育士が医療者向けBLS講習を受ける意義

BLS-AED.net横浜は、心肺蘇生法や救急法の普及推進に興味を持つ個人の集合体です。インストラクターも本職としてさまざまな仕事をしている人たちが集まっています。
 
医師・看護師だけではありません。
 
今日は、保育士さんで、AHA-BLSインストラクターとして活躍している仲間のブログ記事を紹介します。
 
 
『保育士がお医者さんや看護師さんと
 同じ土俵で学ぶ気概をもったら生まれ変われること』


 http://ameblo.jp/lsfachild/entry-10868681967.html

 
保育するってことは子どもの明日をつくること
 
 
保育士の視点で心肺蘇生法講習を考えて、見えてきたこと。
 
技術習得だけがBLS講習の目的ではない、という視点、斬新でした。
 
 
皆さん、ぜひ目を通してみてください。
 
 
最近方針が示されたエピペン(アドレナリン自己注射器)の話題や、保育業界の安全対策など、過去ログにも、興味深い記事がめじろ押し!
 
必見です。
 
 
 


 

シェアする

フォローする