PEARS評価の概念- Re-アセスメントに戻ること!

ひとつ前の、ガイドライン2005年版のAHA-PEARS(ペアーズ)プロバイダーコースで提唱されていたACDAサイクル。
 

AHAガイドライン2005年版PEARS(ペアーズ)プロバイダーコースのACDAサイクル

 
この考えはファーストエイド・ケアでもそのまま当てはまります。
 
大切なことは、アセスメントした上で対処を決定し、ケアを行った後は、再び評価に戻ること。
 
つまり、Re-Assessmentです。
 
自分の行った処置が効果があるのかないのか、悪化させていないか、続けるべきか、やめるべきか。
 
そんな再評価が重要です。
 
やりっ放しは禁物。
 
それ以前にアセスメントのない処置は無謀行為であるという点は、基本中の基本。
 
どんな行為にも、ベネフィットの反面、リスクもついて回ります。
 
常にリスクとの天秤に掛けた上で判断し、行動する必要があります。
 
 

 
 
 


 

シェアする

フォローする