BLSマネキンが服を着ていないといけない理由

先日、BLS横浜の講習会に手伝いに来てくれたインストラクターの方に言われました。
 
「わざわざマネキンに服を着せているんですね!」と。
 

AHA-BLSマネキンには服を着せる必要がある

 
心肺蘇生法練習用マネキンを購入すると、専用の前開きのシャツがついてきます。
ただ、ジッパーの部分が壊れやすく、壊れたらそのまま使わなくなる=裸のままの状態で使用、ということが多いようです。
 
BLS横浜では、マネキン専用の服が壊れた後は、写真のようにお古の服を着せています。マネキンを並べると、みんな違う色とりどりの服を着ているものだから、パッと見で目立つんでしょうね。
 
さて、BLS横浜の心肺蘇生法講習で、きちんとマネキンに服を着せている理由ですが、ひとつはアメリカ心臓協会の講習開催基準で定められているからです。
 

ハートセイバーCPR AEDコースの必要機材準備リスト

 
これは対応義務のある職業人のためのハートセイバーCPR AEDコースのインストラクターマニュアルの必要機材リストの一部ですが、manikin with shirtと書かれています。
 
ただのマネキンではなく、「シャツを着た」という指定が付いているんですね。
 
これを基準として、BLS横浜の講習では、原則的にすべてのBLS系講習でマネキンと服はセットで考えています。
 
実は、主に医療従事者向けのBLSプロバイダーコースのインストラクターマニュアルでは、(シャツを着ている)マネキンという限定はされていません。
 
ただ、マネキンとしか書かれていないのです。
 
そこで、BLSプロバイダーコースしか開催しないトレーニングサイトでは、とかく衣服には無頓着になるのだと思います。
 
ハートセイバーコースであえて、服を着ていることが求められている理由ですが、医療者にとっては、AED使用の際に衣服をハサミで切るのは、そうハードルの高い行為ではないかもしれませんが、学校教職員や警備員、一般の方など、いわゆる市民救助者にとっては、見ず知らずの人を衣服をはだけるという動作は日常的なことではありません。
 
「本当に服を脱がせていいのか? 切っていいのか?」
 
この所作が心理的に障壁が大きいことは想像に固くありません。
 
そこで、CPRを開始するときやAEDを装着するときに、服をはだけるという動作を意図的に練習させているのです。
 
そんな意図を考えたら、たかが服一枚ですが、あるなしでは大きな違いですよね。



 
一般講習では、練習の簡便さとのバランスで前開きのベストを1枚着せているだけですが、警備員さん向け講習など、リアリティが求められる講習では、Tシャツを着せた上にベストを着せたり、より現実に近い設定にして行うこともあります。
 
その場合は、AED練習機に入れてあるハサミで、実際にTシャツを切ってもらう練習もしています。
 
やってみるとわかりますが、練習とはいえ、CPRをしている状態で、襟元からハサミで服を切ってもらうという体験は受講者にとってはインパクトが大きく、大抵の方がためらいを示します。
 
その様子を見ていると、練習とはいえ、服を着る体験というのが、現実の行動への期待を考えた時にはとても意味のある練習だと思います。
 
たかが服1枚ですが、救命法指導員の方は、再考してみてはいかがでしょうか?
 
 

シェアする

フォローする