アメリカ心臓協会AHA一覧

AHAインストラクターを目指す前に

アメリカ心臓協会(AHA)のインストラクターになりたい!

そんな相談をよく受けます。

BLS横浜の講習を受講した上でそう考えてくださる方もいれば、ネット検索等でホームページに行き着いて、メールをくださる方もいます。

BLS横浜では、インストラクターになりたいという希望があれば、まずはBLS横浜の講習に見学等にいらして下さいとご案内しています。

そして、BLS横浜での講習のスタイルを知って頂き、その上で、個別にお話をさせていただき、必要があれば個別にインストラクターコースを企画、参加いただくようにしています。(BLS横浜では、必要な方がいれば、その都度企画するオンデマンドの個別講習に近い形でインストラクターコースを提供しています)

AHA Instructor is Why.

インストラクターコース受講希望者に個別面談で、必ず尋ねるのは、

 

AHAインストラクターになってなにをしたいか?

 

です。

このビジョンが、

  • 本当にAHAインストラクターになることで実現できるのか?
  • そして、その具体的な可能性はどうか?

という点を、一緒に検討します。何事にもメリット/デメリットがあります、相応の妥当性があり、双方の合意が得られれば、インストラクターコースにご案内しています。

しかし、そこまでたどり着くのはかなり稀な話で、多くの場合は、「AHAインストラクターになる必要はない」という結論で、白紙に戻るケースが多いです。

その理由は、インストラクター志望者の、AHAインストラクターに対する理解や認識が不十分であり、実像を理解していないというのがほとんどです。

まず、ありがちな誤解は、AHAインストラクター資格は、ボランティア講習をするための資格ではない、という点です。

AHAインストラクターはプロの資格

AHAインストラクターは、米国労務省の職業安全衛生局OSHAの公認資格を発行する権限を持った救命法指導のプロフェッショナルです。

職業上の責務を負ったプロの職業人に対して、救命スキルを指導し、その技術認証を与え、資格証を発行するプロフェッショナルがAHAインストラクターです。

ご存知のとおり、アメリカ心臓協会講習のほとんどは有償です。それも決して安い金額ではありません。

このように対価を頂いてプロとして活動する職業資格とも言えます。

ですから、公務員のような副業・兼業が認められない立場の方に、AHAインストラクターは向きません。

そして、受講対象は対価を払って資格認証を受ける必要性がある人ですから、一般市民向けではありません。

一般市民向けの普及啓蒙活動を行うだけでしたら、AHAインストラクター資格は不要です。

AHAではファミリーフレンズCPRというプログラムがありますが、これを開催するだけなら、インストラクター資格は不要で、DVDを買えば誰でも開催可能です。

日本国内のAHA-ECCプログラム展開を理解する

もう一点の落とし穴は、日本国内のAHA講習を展開しているのは、AHA本部ではなく、国際トレーニングセンター(ITC)と呼ばれる活動単位であるという点です。

アメリカ心臓協会の講習は、日本国内ではAHA本部直轄での運営はされていません。

ある意味、フランチャイズのようなもので、日本国内の既存団体(NPO法人、一般社団法人、任意団体、株式会社、医療法人等)が米国AHAと提携して、講習実務を展開しています。

運営母体はAHAというよりは、あくまでも日本国内のそれぞれの法人組織なのです。

ですから、それぞれの活動母体(トレーニングセンター)によって運営方針は違います。

受講料や受講資格(ACLS受講にBLS資格が必要か不要か、など)が異なるのはそのためです。

当然、インストラクターになるための条件や、インストラクターになった後の活動範囲や権限も異なります。

インストラクターになってどんな活動展開をしたいのか?

それによって、インストラクターとして提携する活動母体(トレーニングセンター)を吟味し、選ぶことが重要です。

AHAインストラクターになる前に十分なリサーチを

AHAインストラクターを目指す方には下記の点を十分に調べましょう。

1.日本国内にはいくつの活動母体(トレーニングセンター)があるか?
2.それぞれのトレーニングセンターの特色は?
3.トレーニングセンターごとのインストラクターになるための条件や受講料の違い

上記の点を把握した上で、

1.自分がAHAインストラクターになりたいと考えたのはなぜか?
2.インストラクターになってなにをしたいのか?
3.AHAインストラクターになることでそれを実現できるのか?
4.自分の目的にあったトレーニングセンターはどこか?

という点と合わせて熟考し、事前に各トレーニングセンターや活動拠点に問い合わせをしたり、見学に行ったりして、十分な準備をして臨むことを強くおすすめします。

経費と時間をかけてAHAインストラクター資格を取得しても、2年後の資格更新を迎えずにフェードアウトしていく人が少なくないのが現状です。

だからこそ、BLS横浜では、安易にインストラクターになることを勧めませんし、希望者がいたとしても、十分なコンサルタントをした上で、受け入れを決定しています。

入り口に立つ前の十分なリサーチと、自分自身の目的・目標の吟味が重要です。


BLSやACLS-標準化コースの意義についての考察

標準化コースはあくまでも「標準化」コースなのです。
 
細かいところは抜きにして幹だけを教えるもの。
 
そうしなければ教えることが多岐にわたり、受講者一人ひとりの違う環境にも対応させるのは事実上不可能。だから標準化して理想的な環境下での原則を教えるのです。
 
ですから、それだけでは現場では使えないのは、ある意味当然の話。
 
「ACLS取ってきたのに実際の急変ではなにも出来なかった」
 
それは、ACLSプロバイダーコースが標準化コースだということを理解していなかった証拠です。
 
標準化コースでは、幹だけで枝を教えることはできない。しかし現場でのパフォーマンスには枝も必要なのです。
 
その枝はどこで学べるかー? それは現場でしかあり得ません。実際の職場環境の中でどうパフォーマンスを発揮するかは現場でのシミュレーション訓練によるものなのです。
 


米軍基地内のAHAハートセイバーAED講習

在日アメリカ軍基地内でのハートセイバーAED講習の手伝いに行ってきました。

在日アメリカ空軍横田基地内レスキュー隊の装備品AED

米軍基地内は完全なアメリカ。

ショッピングモールや映画館、大学もあれば、住宅区域もあります。中には電気屋さんもいれば水道屋さんも。

米空軍横田基地では、技術系作業員には全員CPR/AEDステイタスの取得と、1年毎の再受講が義務付けられています。

そこでアメリカ心臓協会AHAのハートセイバー Heatsaver CPR AEDコース。

基地の中にはAHA BLS Instructorがちゃんといて、定期的に講習会を開催、全員の資格維持に努めている、というわけです。

米空軍横田基地内でのAHAハートセイバーCPR AED講習    米空軍横田基地消防署内AHAハートセイバーAED講習

今回手伝いに行ったときは、電気技師さんたち10名のリニューアル。

皆さん、業務時間の中で来ていますから、それぞれの作業服姿。頭にタオルを巻いている人も!

日本のAHA講習ではあまり見ない雰囲気です。(笑)

皆さん、1年前にも受講していますから手技はばっちり。慣れたものです。

今回は日本人作業員だけを集めた講習だったのですが、使うコースDVDは英語版、AEDも英語仕様。皆さん、基地の中で使うことを想定しているわけですから、当然といえば当然ですが、新鮮でした。

日ごろ、BLS横浜でも日本語化されていないAHAコースを英語のまま開催することがあります。いつも受講者さんに「英語でゴメンナサイ!」とひどく恐縮した気持ちでやっているので、米軍基地の中では、日本人相手でもむしろ英語版を使うというのが不思議な感覚でした。

 
 

この講習の主催は、基地内の消防署勤務の消防士が業務として開催し、受講する人たちも仕事の一環として受講に来ています。

ですから当然受講料というものは受講者には発生していません。

仕事上必要な研修だからです。すべて職場持ち。教えるインストラクターもボランティアなどではなく、仕事として教えているのです。

これが米国本来のAHAコースの在り方です。

米軍基地の中には病院もあって、医師も看護師もいます。そういった人たちにはBLSヘルスケアプロバイダーコースを受講することになっています。軍人も基本的にヘルスケアプロバイダーコースだそうです。

迷彩服の人たちばかりのAHA-BLSコース。日本人の私たちには不思議な光景かもしれません。

このように米軍基地内でのAHAコースというのは完全に職業人のためのプログラムとなっています。

 
 

基地内に暮らす軍人の家族や子どもたち。そういった人たち向けのコミュニティコースとしてファミリー&フレンズコースをやっているのかなと思いきや、横田基地内では、American Red Cross(米国赤十字)が、普及プログラムを担当しているそうです。

プロ向けのAHAと市民向けの赤十字。

他の基地でも同じかどうかはわからないと言っていましたが、興味深い棲み分けです。

 
 

米軍基地内にAHA BLSインストラクターがいると書きましたが、厳密に言うとちょっと違います。

基地内の組織はMitary Training Network(MTN)といって、いわゆるAHA ECCプログラムとは独立した別組織になっています。教えるコンテンツやプロバイダーカードはAHAとまったく同じですが、インストラクター資格は基地内でしか有効でないという制約つき。

基本的に米軍人と米軍施設従業員に対してしかプロバイダーカードを発行できないことになっています。

インストラクターカードは私たちが持っているのと同じですが、ファカルティカードに関しては独自デザインで、AHA の他、ミリタリーネットワークのロゴも入った特別仕様。

しかもTraing Center Faculty ではなく、Training Site Faculty という名称。このあたりを見ると、ちょっと違うんだなとわかります。

Roster とかの書類も独自のロゴ入りでした。

日本人でも米軍基地内で MTN インストラクターとして活動している人は少なからずいて、せっかくAHAインストラクターとしてのキャリアがあるのに、基地以外で活動できない点、非常に残念に思う方が少なくないようです。

不思議とBLS横浜には、以前から消防士(EMT)さんを中心に米軍基地内で働く人が集まるようで、必要であれば、日本国内でも活動できるような手続きの手伝いを行なってきました。

そんなこともあって、最近、にわかに日本にいながら、本場アメリカの空気が流れる感じになってきています。

今日の横浜で開催したファミリー&フレンズCPR講習でも、横田基地からアメリカ人と日本人、二人の基地内インストラクターが飛び入り参加。

米国人女性インストラクターさん、日本語がわからないまでも、いても立ってもいられなかったのか、受講者さんに積極的に介入。ちゃっかり手伝ってもらっちゃいました。

もともとBLS横浜はハワイのトレーニングセンター所属のインストラクターが中心となって活動している拠点ですが、また別の意味でアメリカが近くなってきました。