子ども一覧

AHA公認小児ファーストエイド講習会開催

すでに フジテレビ取材に関して速報 ではお知らせしましたが、あらためまして先週の日曜日に横浜で公募開催した家庭向け心肺蘇生法とファーストエイド(救急法)講習のご報告です。

今回、開催したのはアメリカ心臓協会(AHA)公認の下記の二つの講習プログラムです。

・ファミリー&フレンズCPR [ Family & Friends CPR ]

・ファミリー&フレンズ・小児ファーストエイド [ Family & Friends First Aid for Children ]

いちおう別々の講習でしたが、申込みをされた方はみな午前・午後一緒に参加されました。

アメリカ心臓協会AHAファミリー&フレンズCPR講習風景

◆ファミリー&フレンズCPR

ファミリー&フレンズCPRは、家庭向け心肺蘇生法講習です。

AHAの公式コースですから、他のコース同様、DVD教材を見ながら技術を身につけていくスタイルで行われます。

内容的にはハートセイバーCPRコース(日本では開催されていませんが、、、)とほぼ同じです。成人・小児・乳児がもれなくカバーされています。

違いを挙げると、練習量が少し少なめなのと、フェイスマスク(ポケットマスク)を使った人工呼吸法を扱わないことくらいです。また、米国法定基準に則ったライセンスは発行されません。

DVDの構成もほぼ同じで、教育工学に根ざしたAHAクォリティはそのままですので、資格はいらないけど、とにかく技術を身につけたいという方には、とてもお得感のあるプログラムと言っていいかもしれません。

今回のコースの司会進行は、日頃ライフセイバーとして活躍されているBLSインストラクターが担当しました。

「周囲は安全です」

蘇生をはじめる前になにより重要なこの一言。

お約束のように唱えるだけで終わってしまいがちですが、AHAの市民向けコースでは、様々な緊急事態の場面が映像で出てきます。

その場にいることを想定して、「本当に周囲は安全か」をみんなで考え、それから練習をします。

ライフセービングから経験豊富なインストラクターの司会進行で、一歩踏みとどまる大切さがよく伝わったのではないでしょうか。

当日、受講してくださった方がブログで本コースのことを取り上げてくださいました。ありがとうございます!

◆ファミリー&フレンズ・小児ファーストエイド

体育の授業とも思えるような体を動かす午前中の心肺蘇生法(CPR)とは打って変わって午後からの小児ファーストエイド講習。子どものケガや急病に対処する方法を勉強します。

こちらは、登山やアウトドアでの経験が豊富で、救急法が得意なBLSインストラクターが担当しました。

子どものファーストエイドですから、大人のそれとは若干異なります。

特に重要なのが予防。

小児の死亡原因の第一は、実は不慮の事故です。

日頃から危険を予知し、安全対策をしっかりたてることで、子どものケガの多くの部分は防ぐことができるのです。

そうした予防のポイントをAHAのDVD教材や、最近の新聞報道の実例などを通して、受講者・インストラクターが一緒になってディスカッション。理解を深めていきました。DVDに出てくるシチュエーションはアメリカが舞台になっていますが、日本で普通に手に入る安全対策グッズの紹介なども絡め、小さなお子さんを持つお母さんたちには具体的なアドバイスになったようです。

本来、AHAのファミリー&フレンズ・ファーストエイドforチルドレンは、DVDを流しっぱなしにして、映像を見てもらうだけで終わるのですが、私たちの講習では、随所に実技をちりばめています。

対応義務のある市民向け講習のハートセイバー・ファーストエイドコースとほぼ同じ内容を盛り込んでいますので、いちおう子どもを対象とした救急法とはなっていますが、ファーストエイドの基本を学びたいすべての人に、お勧めできます。

最近、大人向けのAED講習はあちこちで行われるようになってきていますが、子どもの救急法は、需要は高いにもかかわらず、それを提供する場所がきわめて限られるのが現状。

そんな日本の子ども救急法教育の現状への打開策として、ファミリー&フレンズ・ファーストエイドforチルドレンは大いに期待できそうです。

AHA-BLSインストラクターとして、この小児救急法プログラムの開催に興味がある方がいたら、ぜひ今後、見学や受講に来て欲しいと思っています。

受講者の方の感想ブログも是非ご覧ください。


小児の心停止の原因は大人と違う

昨日は、胸骨圧迫だけの心肺蘇生法の話を絡めながら、大人に多い心停止の原因と仕組みついてお話ししました。

大人は心臓突然死(不整脈)が多いけど

大人の場合、心室細動という心臓のリズムの不調が原因で突然倒れることが多い(心臓突然死)。倒れた直後には血液中に酸素が十分溶け込んでいるから、人工呼吸をためらうよりは、胸骨圧迫心臓マッサージだけでも遜色なく効果がある。

これに対して、子どもの場合は心停止になる原因が大人とはちょっと違います。

心臓突然死は、塩分撮りすぎの高血圧だったり、コレステロールのとりすぎによる血管内にゴミが溜まることなどが原因だったりします。これらは生活習慣病とも言われていますが、子どもの場合、こういった生活習慣病になるには早すぎます。

子どもの心停止の原因で多いのは、ずばり、呼吸のトラブル です。

子どもに呼吸のトラブルが多い理由

心臓は、お母さんのおなかの中で生命を宿した直後からできあがり、それからずっと動き続けています。そのため産まれてきたときには心臓の機能は十分に安定しています。

しかし呼吸はというと、母胎の中では臍帯を通してガス交換をしているため、赤ちゃんの肺は機能していません。

この地上に生まれ出て、最初にオギャーと泣いたときが呼吸の始まり。これから自身の肺で呼吸をし始めるのです。

このように、人間の発達の過程を考えると、子どものうちは呼吸機能が未発達で弱いということは理解できます。

具体的には子どものうちは喉の奥の空気の通り道がとても狭く、ちょっとした炎症などで腫れ上がって、空気が通りにくくなってしまいます。また喘息や、口に入れたものが喉に詰まってしまうというのも子どもにありがちな呼吸のトラブルです。

このような呼吸のトラブルが発生し、呼吸停止になり、それに伴って心臓も止ってしまう、というのが子どもに最も多い心停止の原因です。

子どもの蘇生で人工呼吸が重要な理由

このような理由から、子どもへの蘇生では、人工呼吸の役割が大人の場合より重要となります。

例えば、倒れている子どもを発見したとします。意識がなく、呼吸がありません。

原因はなんだかわかりませんが、子どもということで一番考えられるのは、呼吸が止って、それから心臓が止ってしまったのだろう、ということ。

であるならば、発見した時点ですでに血液中の酸素は使い切られてしまっています。残っていません。

ですから、胸骨圧迫だけでは、酸素が含まれていない血液を巡らすだけになるので、あまり効果は期待できません。この場合は、人工呼吸も必要なのです。

「人工呼吸で肺に酸素を送りこみ、肺の中で血液に取り込まれた酸素を、胸骨圧迫心臓マッサージで脳と心臓に送り込む」

こうした流れで蘇生を行ったときに最大限に効果が発揮されるのです。

ですから、子どもの場合は、胸骨圧迫だけではなく、人工呼吸も行うべきです。

Hands only CPRは子どもは適応外

昨日、紹介したアメリカの Hands Only CPR は子どもの場合は適応外というのは、こうした理由によります。

ただ、人工呼吸は技術的にもやや難しく、練習しないと上手にできないかもしれません。

また、倒れたときに口の周りから出血していたりしたら、口を付けるのをためらうかも知れません。

そんなときは、何もしないのではなく、胸骨圧迫心臓マッサージだけでもいいので続けてください。

何もしないよりは、胸を押すだけでも全然違います。それは明らか。

でも、子どもの緊急事態に遭遇する可能性がある人は、できればきちんと講習を受けて、人工呼吸の方法もマスターしておいてほしいなと思います。


気軽に学べる子どもの応急手当~AHAファミリー&フレンズ・ファーストエイド

9月から新しい救急法プログラムを開始します。

ファミリー&フレンズ・ファーストエイド for チルドレン
Family & Friends First Aid for Children
気軽に学べる子ども応急処置プログラム(1時間半)

子供のファーストエイド(応急手当)を専門に学ぶコースですで、心肺蘇生法や救急法では世界のフラグシップ団体として知られているアメリカ心臓協会AHAが開発した教育プログラムを、日本ではじめて開催します。

これまでもBLS-AED.net横浜では、ハートセイバーファーストエイドコースというアメリカ心臓協会公認コースを開催してきましたが、何が違うのかというと、まずは、大人を対象としているか子どもを対象としているかという点です。

ハートセイバーファーストエイドコースは大人の救急法ですから、心臓発作や脳卒中の対応などがとても重要になります。

しかし子どもの場合、脳卒中・心臓発作はあまりありませんので、ファミリー&フレンズ・ファーストエイド for チルドレンには、これらは含まれていません。反対に多いのがぜんそく発作や、痙攣など。

こんな点がまず違います。

あと一番の大きな違いは、ファミリー&フレンズ・プログラムは受講料が安価で開講できるという点でしょうか。

というのは、ファミリー&フレンズ・プログラムはアメリカでは公的なライセンスである修了カードがありません。

つまり資格認定が目的ではなく、本当に必要な人に幅広く知識を持ってもらいたいというコンセプトで設計されたコースですので、カード発行手数料が不要でテキスト代も安く、教えるインストラクターもボランティアベースで開催するためです。

日本では、どうしても教材の輸入でアメリカに比べて多少値段は上がってしまいますが、BLS-AED.net横浜では、一人あたり千円程度で開催していきたいと思っています。(日本では、BLS-AED.net横浜以外で開講しているところは無いはずなので、受講料の国内相場は存在しません)

(※公募コースの場合、会場代を捻出するためにもう少しいただく必要があります)

1時間から1時間半で、赤ちゃんや子どもたちを危険から守る方法、いざというときにどうしたらいいか手軽に学べます。

すべてのお父さん、お母さん、またこれからパパ/ママになる人に学んでほしいプログラムです。

アメリカでは大人の常識ともいえる子どものための救急法(ファーストエイド)。

ぜひ本場アメリカの雰囲気で学んでみませんか?

まだ公募はしていませんが、9月12日(土)の18時頃から、横浜上大岡で開催予定です。受講希望の方はフォームメールからご連絡お待ちしています。(今回は受講料は500円程度の予定です)

続きを読む