注射一覧

エピペン勉強会参加者募集~重度アレルギー反応時の緊急注射

4月25日(日)に横浜で重症アレルギー反応時の応急処置:エピペンによるアドレナリン自己注射器の取り扱いに関する勉強会を開催します。
 
先ほど、BLS-AED.net横浜ホームページより参加者の募集を開始しました。
 
 

 
 
エピペンは原則的には医師より処方されている本人が使用するべきものですが、子どもの場合などうまく自己注射できないケースがあり得ます。
 
そのような場合、本人に変わって家族が注射することになるのですが、学校に通っている子どもの場合は、変われる親がその場にいない、、、
 
ということで、いまでは学校教職員が本人や家族に変わって注射をするように文部科学省より指導されています。
 
 
しかし、日本国内でエピペン練習器が品薄になっていたり、教えられる指導者がいないということで、エピペンの使用法を練習する機会は非常に限られているのが現状。
 
 
そこで、このような勉強会を企画しました。
 
エピペン練習器に実際に触れて、その使い方を体験してもらいます。
また本物のエピペンも参考として触れていただく予定です。
 
 
 
今回は、参加者は医療従事者以外とさせていただきます。
 
 
参考まで、現在、エピペンを本人に変わって注射できるのは、医師以外は救急救命士と学校教職員だけです。
 
 
またアナフィラキシーショックに関しては、こちらのページの体験記が参考になります。