私たちが開催するAHA-BLS講習について

私たちの活動についてご質問がありましたので、ブログでもコメントさせていただきます。
 
私たちは、主に横浜地域で活動する心肺蘇生法のインストラクターの集合体として「BLS横浜(BLS-AED.net横浜)」という市民団体を形成しています。
 
心肺蘇生法を始め、救急法の普及に興味がある個人が集まって、勉強会を開催したり、普及活動を行っています。
 
いまは蘇生科学の権威であるAmerican Heart Association(アメリカ心臓協会)の公認インストラクター資格を持ったメンバーが多いため、アメリカ心臓協会公認講習会を開催することが多いですが、それ以外にも、まったくオリジナルの講習会(エピペン勉強会、ファーストエイド初期評価勉強会)や、消防庁基準の普通救命講習なども手がけています。
 
 
公認コースを開く場合は、主催となるキーパーソンがいて、その人の個人資格で修了証の発行申請等を行っています。
 
「BLS-AED.net横浜」としては、その運営サポートを行っています。
 
 
 
よくお問い合わせいただくのは、「BLS-AED.net横浜」はアメリカ心臓協会AHAの公認組織なのか? という点です。
 
はい、というのがその答えではありますが、その背景については若干の説明が必要かもしれません。
 
日本には現在、アメリカ心臓協会と契約をしていわゆるAHA公認コースを開催する団体(日本国内組織)が7つあります。
 
そのうち、横浜地区で活動をしているのは次の5つです。
 
・日本医療教授システム学会
・日本BLS協会
・日本ACLS協会
・日本循環器学会
・福井県済生会病院(ACLS横浜)
 
これらの組織は日本国内の独立した法人ですが、アメリカ心臓協会と提携し、日本国内でAHA公認コースを開催するライセンスを受けています。
 
そして大事な点ですが、これらのAHA提携組織は、それぞれが独自にAHAと契約しているため、基本的に横のつながりはない、ということです。
 
ここが、よく誤解されている点です。
 
ですから日本医療教授システム学会に属している「BLS-AED.net横浜」に関して、例えば日本ACLS協会の本部に問い合わせをしても、「そんな団体、知りません」という回答が帰ってきます。
 
反対に私どもに、○○(別系列のトレーニングサイト)で受講したけどカード発送はまだか? と問い合わせをいただいても、お答えのしようがありません。
 
AHAといえばすべて同じ組織と思われがちですが、実は違うのだという点をご理解いただけたらと思います。
 
 
また、私たちは基本的にAHAインストラクターとして、個人で活動しています。
日本では「トレーニングサイト」と呼ばれる活動拠点毎に活動するケースが多いようですが、アメリカではインストラクターは個人で活動するのが一般的です。
 
「BLS-AED.net横浜」は、インストラクター個人の集合体、そして窓口です。コース運営はディレクターと呼ばれるAHAコース開催権を持った個人(複数人いるため同じコースであっても担当者が異なる場合があります)が、AHAインストラクターとして責任を持って開催しています。
 
 
 
 
以上は主に、日本国内のAHA公認組織について書かせていただきましたが、BLS-AED.net横浜には、アメリカ合衆国で資格を取ってきたAHAインストラクターもおり、その場合は、Hawaii Region、American Medical Responseと印字されたアメリカ純正の修了カードを発行しています。
 
日本国内での開催にもかかわらず、Hawaii Regionと書かれた修了カードが発行されるのは、アメリカ合衆国トレーニングセンター所属のインストラクターが日本で出張講習を開催しているから、ということになります。
 
この点は、他の日本国内AHA提携組織は全く関知していないアメリカ国内事情なので、間違って他団体へ問い合わせをした場合、話がかみ合わない点があるかもしれません。
 
 
 
やや複雑な事情になっており、申し訳ありませんが、ご質問がありましたら、メール送信フォームからお寄せください。


Twitterを始めました

遅ればせながらTwitterでの情報発信を始めました。
 
アカウント名は、BLSyokohama です。
 
 
http://twitter.com/BLSyokohama
 
対応が困難なためブログではコメントを受け付けていませんが、
メールならびにTwitterではできる限り相互の情報交換が
できればと、思っています。
 
よろしければフォローをお願いします。
 
 
 
 

続きを読む


小児急変対応AHA-PEARSプロバイダーコース

アメリカ心臓協会AHAの小児急変対応コース、PEARS Providerコースが終了しました。

日本では数ヶ所でしか開催されていない希少なコースに、京都、秋田、愛知と全国から受講生が集まってくれました。

PALSインストラクターの他、日本ではたった2人しかいないPEARSを専門とするインストラクターも集まり、盛況のうちに終了しました。

AHA-PEARSプロバイダーコースin横浜

アメリカ心臓協会の講習会といえば、BLSやACLSのように体を動かして勢いで乗り切るようなイメージがありますが、このPEARSコースはとても静的。

DVD教材で敗血症性ショックや、呼吸不全に陥った具合の悪そうな子どもたちの動画を見て、その呼吸状態や皮膚の色などから病態を判断して、分類し、安定化の方法を考えるという訓練を繰り返します。

映像で出てくる患者さんは子どもばかりで、病態も子どもにありがちな呼吸系のトラブルが多かったりしますが、このコースで学ぶ本質は小児救急・小児看護に限ったことではありません。

具合を悪そうな人を見たときに、まず何を観察して、どう緊急度を判断していくか、というのはすべての医療従事者に必要な基本スキルです。

しかし日本の医療教育の中では、それを体系的に学ぶ機会がありません。

そういった意味で、このAHA-PEARSプロバイダーコースは、日本では足りない医療者基礎教育の一端を担うといって過言ではないと思います。

AHA-PEARSペアーズ・プロバイダーコースin横浜

BLSとACLSで患者急変対応は万事OKという雰囲気が日本にはありますが、なにより大切なのは心停止になってしまう前にいかに早く急変に気づき、心停止の手前で食い止めることにあります。

病院で発生する心停止の多くは、その8時間まえには何らかの兆候がでていると言われています。

「なにかおかしいぞ!」という気づきをいかに活かすか、それを学ぶのがPEARSプロバイダーコースで、もしかしたらBLSやACLS以前の、医療者の日常業務に一番必要な教育プログラムといっていいかもしれません。

万が一のためのBLSとACLS。普段使いのPEARS、と言ったらいいでしょうか。

続きを読む


エマージェンシー講習

バイク用品チェーン店ナップスさんとの共同企画のエマージェンシー講習会が終了しました。
 
基本ベースは、心肺蘇生法とAED、窒息の解除からなる普通救命講習Iで、横浜市消防長の修了カードを発行する正式なコースですが、そこにバイク関連グッズ専門店ということで、バイク事故での対応に関する話題も盛り込みつつの講習会でした。
 
受講者2-3名に1体の練習用マネキンを使ってもらい、限られた時間の中でしたが、いい汗をかくくらいに練習してもらいました。
 
また、実践編として、ヘルメットをかぶったまま床に倒れている人の呼吸が確認できるかどうかや、ヘルメットの脱がせ方、複数のけがをしている場合、なにを優先的に診ていけばいいのか、などの実際的な話や体験をしてもらい終了しました。
 
今回、初めての企画で、バイク愛好家の皆さんがどんなことを求めているのかという点は手探りでした。
 
今回参加してくださった方たちが書いてくれたアンケートを元に、さらなる「ためになる講習会」を企画していかれればと思います。

続きを読む


無料AED講習

先日、横浜駅近くのかながわ県民活動サポートセンターに場所を借りて、無料のAED講習を企画開催しました。
 
当日集まってくれたスタッフは、日頃一緒に活動しているアメリカ心臓協会AHA公認のインストラクターの他、心肺蘇生法普及に感心を持つ市民の方々。(裏話をしますと、インストラクターの中には、今年高校に上がったばかりの方もいました。しかしその堂々としたプレゼンテーションと落ち着いた語り口で、きっとみんな大学生と思っていたはず)
 
この講習は、日頃BLS-AED.net横浜で開催しているAHA公式コースや、消防長認定の普通救命講習ではありません。
 
当会オリジナル講習、さらにいえば、そのとき集まったインストラクターたちで知恵を出し合い作り上げたものです。(午前中には、心肺蘇生法指導者ワークショップを開催していました)
 
 
日本でも心肺蘇生法や救急法を指導・普及する団体はたくさんありますが、指導団体固有のしきたりや慣習があって、自由に教え方を模索するということは難しい現状があります。
 
もっと自由にアイデアを出し合ってより良いものを作り上げていく場があったら、、、、そんな思いで企画した今回のプロジェクトでした。
 
 
公募で集まってくれた受講者の皆さんの反応も上々で、プログラム修了後もかなりの方が残ってインストラクターへの質問タイムや、追加練習、さらにはメインプログラムでは扱わなかった窒息の解除や、赤ちゃんへの蘇生法など、日頃手にすることのない蘇生練習用マネキンを使って、納得いくまで練習をしてもらいました。
 
CPR普及を願う立場の人たちと、興味を持って学びにくる受講者の皆さん、その自由な交流の場があるというのも貴重です。
 
 
 
現実問題として会場費やマネキンの人工肺やフェイスシールドなど、蘇生講習にはそこそこの経費が必要です。
 
人件費やスタッフ交通費はボランティアでまかなえますが、それ以外の実費をどう捻出するか。
 
公的な後ろ盾のない一市民団体としては無料講習は限界があるのですが、今回の手応えから、頻繁にはできないかもしれませんが、またこうした機会を作っていきたいと考えています。
 
 
 

続きを読む


6月6日HS血液媒介病原体コース募集開始

2010年6月6日に開催予定のアメリカ心臓協会公認ハートセイバー血液媒介病原体コース(AHA Heartsaver Bloodborne Pathogens)の受講者を募集開始しました。
 
前回、公募開催した際は、思いのほか受講者希望者が多くキャンセル待ちになったほどでした。
 
遠くは新潟や静岡から集まってくれた受講者の中には、感染対策を専門としている医師や看護師の方もいて、日本にはない「医療資格を持たない人に感染対策を教える」という珍しいコースへの感心の高さがうかがい知れました。
 
医療従事者以外で他人の血液に触れる可能性がある職業人が、このコースの本来の受講対象です。
 
理容師、葬祭業者、検査機関職員、研究者、清掃員、学校教員、スポーツインストラクターなど。
 
また、そうした職業になくても、救急法に関心がある市民の方には多くの示唆と情報を含んだコースです。
 
他人の血液に触れることを避けた方がいいことはなんとなくわかるものの、実際どの程度病気に感染するリスクがあるのか、そしてどのような点に注意したらいいのか、また血液に触れてしまった場合、どうしたらいいのか、そしてそれを他の人に広げないためにはどのように適切に掃除をしたらいいのか、など。
 
お申し込みはBLS-AED.net横浜トップページからお願いします。
 
ぜひ、皆さまからの申し込みをお待ちしています。


AHAハートセイバー・ファーストエイド講習

久しぶりのアメリカ心臓協会ハートセイバー・ファーストエイドコースでした。
 
ちょっとしたケガから急病まで幅広く扱いますので、受講された皆さん、それぞれに何かしらのファーストエイドに関する実戦経験をお持ちです。
 
それだけに、BLS/CPRコースと違って実体験からの質問が多く、一方通行にならない相互性のある盛り上がった講習会でした。
 
受講者の方たちの実際の体験や、意見など、インストラクター側としても大いに参考になる点があり、スタッフも楽しく、また勉強させていただきました。
 
今回は、実習時間を多く取るため、時間を通常より長めに設定してみたのですが、それでも目一杯でした。
 
もしかしたら、ハートセイバー・ファーストエイドだけでも丸一日とるようにした方がいいのかなとも考えています。
 
本来であれば、ハートセイバーAEDとハートセイバーファーストエイド(モジュールA+B)で7-8時間というのがAHAの教材設計ですが、このフルコースを満足行くように開催するとなると2日コースとなりそう。
 
ハートセイバーコースは、ただの市民向け講習ではなく、職業義務的に応急処置を行うことを期待された人たち向けですので、日本国内ではある意味、市民の中でも上級講習に相当します。
 
じっくり学びたい人にいいのかもしれません。
 
AHAハートセイバーファーストエイド:ショックの管理
 ↑ 講習風景:ショックへの対応
 
今回のファーストエイド講習は、AHAカリキュラムに則っていったん終了した後、希望者だけ残って、より高度なアドバンス・ファーストエイドの一端を体験してもらいました。
 
以前にも開催したことがあるファーストエイドの初期評価を掘り下げて行うシミュレーショントレーニングで、こちらも皆さん、ときに目が点となり、ときに大いにうなずき、、、納得してお帰りいただけたものと思っています。
 
日本では未開なファーストエイド分野に関しては、BLS-AED.net横浜として新たな取り組みを続けていきたいと思っています。
 
 
 

続きを読む


脳卒中(くも膜下出血)とAED

昨日、野球選手が練習中にテレビカメラの前で卒倒し、救命処置が施されたという出来事があったようです。
 
それに関連して、ホームページを見てくださっていた方から質問メールをいただきましたので、ここで取り上げさせていただこうと思います。
 
 
【ご質問内容】
脳卒中が疑われる場合、まず救急車を呼んだとして、待っている間にAEDなどをためすことは逆に後遺症を残す原因になることはないでしょうか?今日巨人のコーチがグランドで倒れましたが結果として脳卒中だったようですが、グランド上でAEDをしていましたのでふと疑問に思いました。脳卒中のときは「気道を確保して安静にして救急車を待つ」ほうがいいと聞いたことがあるのですが。

 
 
救命講習を受講した経験がある方は思い出していただきたいのですが、急に人が倒れたり、倒れている人を発見した場合の対応は次の通りです。
 
1.反応(意識)の確認 → 反応がなければ119番通報とAED手配
 
2.呼吸の確認(10秒以内) → いつも通りの呼吸が確認できなければ人工呼吸2回と胸骨圧迫30回を繰り返す
 
3.AEDが到着したら装着して、音声指示に従う
 
 
ですから、確認するのは反応と呼吸だけでいいんです。それ以外の要素はまったく関係ありません。
 
心停止の原因が脳卒中だろうとなんだろうと、取るべき行動は同じです。
 
仮にくも膜下出血を起こしていたとしても、呼吸をしていなければ、脳出血の問題以前に助かる可能性がゼロになってしまいますので、心肺蘇生法が優先。
 
難しいことは考える必要はないのです。
 
 
それにそもそも現場で原因がわかることはまずありません。
 
脳出血だって意識不明になってしまえば病院に行ってCT取らなければわかりませんから。
 
ですから、脳卒中が、、、とかいうのは結果論でしかないわけです。
 
反応がなければ119番とAED、呼吸がなければCPR開始と器械的に覚えてしまうのが正解です。
 
 
 
 

続きを読む



エピペン勉強会参加者募集~重度アレルギー反応時の緊急注射

4月25日(日)に横浜で重症アレルギー反応時の応急処置:エピペンによるアドレナリン自己注射器の取り扱いに関する勉強会を開催します。
 
先ほど、BLS-AED.net横浜ホームページより参加者の募集を開始しました。
 
 

 
 
エピペンは原則的には医師より処方されている本人が使用するべきものですが、子どもの場合などうまく自己注射できないケースがあり得ます。
 
そのような場合、本人に変わって家族が注射することになるのですが、学校に通っている子どもの場合は、変われる親がその場にいない、、、
 
ということで、いまでは学校教職員が本人や家族に変わって注射をするように文部科学省より指導されています。
 
 
しかし、日本国内でエピペン練習器が品薄になっていたり、教えられる指導者がいないということで、エピペンの使用法を練習する機会は非常に限られているのが現状。
 
 
そこで、このような勉強会を企画しました。
 
エピペン練習器に実際に触れて、その使い方を体験してもらいます。
また本物のエピペンも参考として触れていただく予定です。
 
 
 
今回は、参加者は医療従事者以外とさせていただきます。
 
 
参考まで、現在、エピペンを本人に変わって注射できるのは、医師以外は救急救命士と学校教職員だけです。
 
 
またアナフィラキシーショックに関しては、こちらのページの体験記が参考になります。