ACLS受講にBLS資格は不要です【アメリカ心臓協会】

ACLS受講にBLS資格は不要です【アメリカ心臓協会】

よくお問い合わせをいただく点ですが、アメリカ心臓協会AHAの ACLSプロバイダー【1日】コース受講 にあたって、AHA-BLSプロバイダー資格やBLS受講履歴は必要ありません

ACLSプロバイダー1日コース受講にBLSプロバイダー資格は不要です

ACLS受講にBLSプロバイダーカードは必要ありません

ACLSプロバイダーコースを開催する団体(トレーニングセンターやトレーニングサイト)によっては、BLS資格が必須としているところもありますが、それはアメリカ心臓協会AHAのルールではなく、団体ごとに定めた独自ルールに過ぎません。つまり、ローカルルールです。

この点、なかなかご理解をいただけないようなので、根拠をもってお示ししたいと思います。

ACLSインストラクターマニュアルに「義務付けられていない」と明示

最新のAHAガイドライン2015準拠 ACLSインストラクターマニュアル の46ページには下記のように記載されています。

ALSコース受講者は、有効なBLSヘルスケアプロバイダーカードの保有をAHAにより義務付けられていないが、BLSスキルに習熟していることが求められる。トレーニングセンターは、任意で有効なBLSプロバイダーカードの保有を義務付けることができる。

ACLSインストラクターマニュアル AHAガイドライン2015準拠、p.46

参考まで、後半部分の英語原文は、”Training Centers have the option to require a current BLS Provider card.”となっています。任意と訳されている部分は、「オプション」という単語が使われています。

つまり、ACLS受講にBLS資格は原則不要が標準であり、主催者判断でBLS受講が必要というオプション条件を設けている団体もあり得るということです。

BLSを実演できる能力があればよい

その他、インストラクターマニュアル上の記載上、BLSに関する資格証明が必要だと書かれているという意見もあります。

確かにACLSインストラクターマニュアルの6ページのコースの前提条件には下記のような記載があります。

質の高いCPRを実施でき、成人に対するCPRおよびAED、ならびにバッグマスク換気の使用において習熟度を証明できること

ACLSインストラクターマニュアル AHAガイドライン2015準拠、p.6

しかし、この部分の英語の原文を見てみると、

Be able to perform high-quality CPR and demonstrate competency in adult CPR and AED use as well as bag-mask ventilation.

ACLS Instructor Manual G2015, p.6

証明と訳されている単語が、demonstrate であることがわかります。日本語にもなっているデモンストレーションという言葉の動詞型です。

これは普通に読めば、実演できるかどうかを求めているのであって、証明書のようなものを求めているわけではないということはご理解いただけると思います。

demonstrate という単語を辞書で調べると証明という訳語も出てきますが、CPRという運動能力について言及する際には、「実演できること」と訳すほうが適切でしょう。

日本語版を字義的に読んでしまうと誤解するかもしれませんが、英語原文を見れば、資格証明を求めているのではないことは明白です。

BLS横浜のACLSプロバイダー【1日】コースは、BLS資格提示は不要です

以上の点で、AHAルールとしては、ACLS受講にBLSプロバイダーカード提示は不要だという点はご理解いただけたと思います。

そしてまた、ACLS受講にBLS資格を求めることもトレーニングセンター裁量として認めているというのも事実です。

ですから、受講者は選べばいい、ということです。

BLS技術に不安がある方は、きちんと BLSプロバイダーコース を受講したほうがいいでしょう。

しかし、日頃、成人へのCPRを実践していてバッグマスク使用にも習熟している方で、時間と経費がもったいないと考えれば、BLS不要のトレーニングサイトを選ぶのも手です。

実際のところ、ACLS受講に求められているBLSスキルは、ポケットマスク人工呼吸と胸骨圧迫、そしてAED操作とバッグマスクだけです。成人・小児・乳児のCPRと窒息解除を含むBLSプロバイダーコースのごく一部。

医療従事者であれば、胸骨圧迫とAEDはある程度できるでしょうから、問題はポケットマスク人工呼吸と、CPRの質の部分。それでも講習当日の10分程度の練習で、皆さん、ふつうに合格レベルに達します。

医療従事者としては、子どもへの蘇生も含めて習熟しておいてほしいところですが、業務的に必要な成人へのACLSトレーニングを受けるためにBLSで1日を潰さなくてはいけないというのも、もどかしい話です。

成人へのフルサイズの救命処置を学びたいというのが目的の方だったら、最初からACLSを受講いただいて大丈夫です。

BLS横浜では、2日ではなく1日で修了する AHA-ACLSプロバイダー【1日】コース を横浜で毎月開催しています。また受講者が4名いれば、日本全国の病院等への出張講習にも応じています。

ACLSプロバイダー【1日】コース 詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする