ACLSプロバイダー【1日】

神奈川県横浜市でAHA-ACLSプロバイダー1日コースを開催。一日でACLS受講/資格取得。


成人への二次救命処置を学ぶ標準プログラムです。

薬剤投与や、マニュアル除細動器、不整脈への対応や、急性冠症候群や急性期虚血性脳卒中の管理などを含みます。

シミュレーションによるチームトレーニングを通して、現場では欠かせないノン・テクニカルスキルを習得します。

BLS横浜は、神奈川県横浜市を中心にAHA-ACLSプロバイダー1日コースを関東一円、東京、千葉、埼玉、静岡、川崎、相模原、平塚、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉で開催しています。

1日で資格取得できます

通常は受講に2日を要するACLSプロバイダーコースですが、BLS横浜では、マネキン1体あたりの受講者人数を4名までに制限することで、交代回数を減らし、コンテンツを損なうことなく1日に圧縮して提供しています。

BLSプロバイダー資格不問

受講に際して、成人BLSを習得していることが望ましいとされていますが、AHA規約上、BLSプロバイダー資格は必要ありません。成人への一般的なCPRとAED操作をご存知であれば、AHA-BLSプロバイダーコースの受講経験がない方でもご参加いただけます。

ハワイ州USプロバイダー資格を発行

BLS横浜は、米国ハワイ州にある American Medical Response ナショナルトレーニングセンターと提携しています。

ACLSプロバイダーeCard、ハワイ州のUS資格
そのため、日本国内の日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンター(JSISH-ITC)のプロバイダーカードの他、米国ハワイ州のUS-ACLS Provider資格を発行しています。米国のUS資格の場合は、印刷によるカードではなく、eCardと呼ばれる最新の電子認証 での資格発行となります。

旧来のようなカードをご希望の方には、ラミネート加工したカードを郵送でお届けするサービスも提供しています。

受講対象

医師のほか、看護師、救急救命士、または臨床工学技士や診療放射線技師(カテーテル室)などが受講対象となります。病院内での心停止対応はBLSでは終わりません。そのまま二次救命処置に移行していくからです。病院内で急変対応を行なう可能性がある医療専門職は、医師に限らずACLSを習得しておくことは意味があるでしょう。

ACLSプロバイダーコースの概要

コース名 AHA ACLS Provider Course (AHAガイドライン2015正式日本語版)
コース内容 心原性心停止への二次救命処置:心室細動、無脈性心室頻拍、心静止、無脈性電気活動、徐脈、頻脈、呼吸停止、脳卒中、急性冠症候群
受講資格 二次救命処置が職務範囲の医療従事者ならびのその学生(医師、歯科医師、看護師、救急救命士、臨床工学技士)
受講要件 1.成人BLSができること
2.モニター心電図の判読できること
3.蘇生に使う薬剤の知識があること
受講料 ¥38,000(日本国内標準価格 ※コースごとに多少異なります)
テキスト 必ずAHAガイドライン2015版のテキストをひとり一冊ご用意下さい。

ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠 ¥7,560

開催予定とお申し込み

現在募集中の講習は下記のとおりです。申し込みページへリンクしていますので、参加登録下さい。その後、受講料の振り込みとテキスト購入のご案内を差し上げます。

ACLSプロバイダー【1日】コース 開催予定

開催日
場所
時間
募集状況
6月22日(土)
本郷台駅 徒歩3分
9:30-21:00
チームメンバー参加
のみ募集中
7月19日(金)
川崎駅 徒歩15分
(※EMR財団主催)
9:45-21:15
締め切り
(JSISH-ITC登録)
7月20日(土)
横浜駅 徒歩5分
9:45-21:15
チームメンバー参加
のみ募集中
8月29日(木)
川崎駅 徒歩15分
(※EMR財団主催)
9:45-21:15
受講者募集中
(JSISH-ITC登録)
8月30日(金)
横浜駅 徒歩5分
9:45-21:15
キャンセル待ち

※BLS横浜のインストラクターがコースディレクターを務めますが、主催は別法人となります。

依頼講習・出張講習

BLS横浜では、病院やクリニック、企業、個人からの依頼により、AHA公式ACLSプロバイダー1日コースの出張講習にも対応しています。

日本全国、受講者4名からお伺いします。神奈川県内、東京、埼玉、千葉周辺であれば公募講習と同じ受講料で対応いたします。

詳細・お問い合わせは BLS横浜ホームページ内 出張講習案内 をご覧ください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする