「G2015時代のBLSインストを目指す」

本日、横浜で開催した「G2015時代のBLSインストラクターを目指す」ワークショップには、4つのITCから15名の方がご参加いただき、終了しました。
 
ガイドライン改訂だけを見ると、AHA-BLSには大きな変更がないように見えます。しかし、プロバイダーコース教材を見ると、驚くほどの激変を遂げています。
 
キーワードは、Life is Why。
 
Life is why の謎を解け、という謎解き風(?)な展開での3時間でした。
 
結論から言ってしまうと、AHAガイドライン2015の Education の章にも書かれているように、今回のガイドラインでは、インストラクショナル・デザインが全面に打ち出されており、カークパトリックのレベル3以上を目指す方向に転換されたということが大きいです。
 
learn and live では世の中、変わらなかった。
 
それはカークパトリックのレベル2の世界に限局した教育展開だったから。
 
ゆえに、シンプルさと教えやすさを犠牲にしてでも、リアルな世界とのつながりを作る必要があったわけです。それがLife is whyです。
 
技術習得のドメインでいうなら、認知スキルと運動スキルはAHAコースの十八番。
 
足りなかったのは態度スキルへのアプローチ。
 
それがリアルの追求と相まって、Life is why に集約されたものと考えられます。
 
結論を書くと、こんなシンプルな話なのですが、それをG2015のBLSコース教材の映像を通して、またガイドライン変遷をたどりながら、考えていきました。
 
これだけ読んでも、いまいちピンとこないかもしれませんが、興味を持ってくださった方がいましたら、次回、5月29日(日)久留米での「G2015時代のBLSインストラクターを目指す」ワークショップへの参加をご検討いただけますと幸いです。
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする