BLS一覧

リアルなBLSシミュレーション

シムマンを使ったBLS講習   ホンモノのAEDで除細動体験
 
この写真はとあるBLSトレーニングの様子です。
 
おやっと思った方はさすがです。
 
使っているAEDはトレーニング用ではなくホンモノ。
 
マネキンは上半身だけのリトルアンではなく、本来はACLSなどに使われるSim-Man。
後ろのディスプレイには心電図波形も出ています。
 
機材環境は完全にACLSですが、しかし、あくまでBLS講習なのです。
 
 
実はこれは、AHA-BLSヘルスケアプロバイダーコースの直後に行なった、オプションのシミュレーショントレーニングの様子です。
 
講習会場で床に置かれたマネキンを相手にして心肺蘇生技術を身につけても、それをそのまま臨床で活かせるわけではありません。
 
病院のベッドサイドでの心停止では、蘇生開始を阻む数多くの要因が潜んでいます。
 
ベッドがギャッジアップされている、枕が邪魔、ベッド柵を外さないと人工呼吸できない、ベッドがふわふわで胸骨圧迫が強く押せない、etc.
 
頭で考えれば分かることですが、いざ、それに直面してみると、思いのほか動けないことに愕然となります。
 
心停止を認識してから10秒以内に胸骨圧迫を開始する、これがAHAガイドライン2010の重要なコンセプトですが、講習会場では簡単に実現できても、臨床では相当困難です。
 
ですから、BLSをはじめ、緊急対応トレーニングは、本来はリアルな現場で、シミュレーショントレーニングを行なう必要があります。
 
BLS/ACLSは講習会場で訓練を受けたらそれで終わり、というものではありません。集合教育で身につけたスキルを実際の現場で応用するための第二段階が必要なのです。
 
その橋渡しとなるのが、冒頭のような出来るだけリアルな状況を再現したBLSトレーニングです。
 
始まりは「苦しい」とうめき声を上げる患者さんとの対応から。応援を呼ぶ、バイタル計る、酸素投与するなどをしているうちに意識消失&心電図波形は心室細動に。(sim-manは、苦悶の声や胸郭の呼吸運動、脈拍、血圧、酸素飽和度、心電図などをリアルタイムに再現できる高機能マネキンです)
 
すでに心停止になっているのを発見したという状況ばかりではないというのが現実です。非心停止の対応は普段臨床で行なっていることの延長。それが心停止になったときにBLSスキルという引き出しに切り替えることができるか?
 
ここはBLSスキルトレーニングでは学ばないノンテクニカルスキルの領域。
 
その後、BLSに突入してからは、ベッドのギャッジアップや、ベッド上のどこにAEDをおいたらいいか、ベッド柵をどのタイミングで誰が外すか、など、現実のこまごまとした問題に直面し、どうクリアしていくかという認知領域での訓練となります。
 
集合教育のBLS訓練の限界に気づき、日々のイメージトレーニングや部署ごとのシミュレーショントレーニングの必要性と、その効用に気づいてもらえれば。
 
もしかすると、BLSヘルスケアプロバイダーコースで身につけた「自信と満足感」は一瞬そがれるかもしれません。受講者のテンションが下がる場面があるのは事実です。しかし、「急変対応ができる」という本質的なパフォーマンスを考えたら、必要なステップです。
 
今回、ガイドライン2010の新しいAHA-BLS-HCPのDVDが中途半端なシミュレーション的な部分を一切外して、淡々とした技術練習に特化したのは、別途このような受講者の職場環境に合わせたシミュレーションを開催するもの、という前提を内包しているとも考えられます。
 
ちなみにこのようなトレーニングは、例えば、AHAも深く関わりがあるピッツバーグ大学WISERシミュレーションセンターの”First 5 minits”(コードチーム到着するまでの5分間の対応訓練)など、海外では広く行なわれているようです。
 
日本で、BLSやACLSのスキルトレーニングコースはだいぶ普及してきました。
 
次はそのスキルを実行可能なパフォーマンスに挙げるための、シミュレーションを展開できる体制の整備が必要な時代に突入しつつあります。
 
 
 


AHA-BLS ガイドライン2010対応コースの開催予定について

11月11日にアメリカ・シカゴで開催されたAHAインストラクター向けガイドライン2010カンファレンスにおいて、AHAとしてのガイドライン2010対応コース開催の指針が示されました。
 

AHA ECCプログラムのガイドライン2010対応方針について
  • 2010年12月6日の週を目安にインストラクター向け補助教材・筆記試験問題(英語)がリリースされる
  • 当面は、G2005のテキスト/DVDに補助教材を加え、G2010対応コースとしていく
  • 2011年3月1日以降は、旧ガイドライン2005コースの開催は禁止
  • 正式なG2010教材がリリースされたら、新しい教材でのコース開催に移行する

 
BLS-AED.net横浜では、12月6日の週にリリース予定の英語版補助教材ならびに新しい筆記試験問題の日本語化が完了し次第、G2010対応コースを提供していきます。
 
現在予定している12月末のハートセイバーコースに関しては筆記試験はありませんので、AHAより補助教材としてインストラクター向けに配信されるC-A-B Sequence Videoのリリースが遅れなければ、従来のDVDを用いつつ、CPRの流れは新しいガイドライン2010で練習していきます。
 
12月末と1月に予定しているBLSヘルスケアプロバイダーコースは、新しい筆記試験問題がトレーニングセンター経由で配信されることになっています。
 
こちらは受講者の皆さまの利便性を考えると日本語化する必要がありますので、独自の翻訳が完了し次第、ガイドライン2010に移行予定です。
 
仮に正式な移行がまだでも、ガイドライン2010での変更点に関してはコース後に補足説明していくつもりです。
 
 
 

続きを読む


AHAガイドライン2010成人BLSのアルゴリズム

AHAガイドライン2010のBLSアルゴリズムを日本語でまとめました。
(主にヘルスケアプロバイダー向けの内容を取り上げます)
 
AHA心肺蘇生法ガイドライン2010のBLSの流れ:アルゴリズム
 
破線のボックスは、ヘルスケアプロバイダー(習熟した救助者・医療従事者)以外は行わない内容です。
 
つまり、脈拍確認と、脈のある呼吸停止者への人工呼吸は市民には教えません。
 
 
こうして見慣れたアルゴリズム表の形で見ると、ガイドライン2005とさほど変っていないように見えます。
 
大きく変っているのは、これまで1:1の形で対応していた傷病者評価の手順が大きく崩れたことでしょう。
 
 
1.反応の確認 → 緊急通報・AED手配
2.呼吸確認  → 人工呼吸2回
3.脈の確認  → 胸骨圧迫開始
 
CPRが始まるまで、ガイドライン2005では上記の3つのステップを踏んでいましたが、ガイドライン2010では反応確認と呼吸確認がひとつのボックスにまとまっています。
 
ガイドライン2010では呼吸確認の重要性が低くなり、ヘルスケアプロバイダーは反応の確認の間に手短に呼吸の確認をします。ここで見るポイントは、「呼吸がないか、もしくは正常な呼吸ではないか」です。この確認は目視だけで行い、「見て聞いて感じて」の確認は不要とされています。また気道確保も行いません。
 
ここが大きく変更になった点です。
 
また、「いつも通りの呼吸がない」場合に行っていた「初回の人工呼吸2回」は廃止されました。
 
ガイドライン2000の時代の遺物というか、「息・咳・体動」という循環のサインを見るために行っていた刺激動作ですから、なくなるのはごく自然なことです。この点ヨーロッパ版のERCガイドラインでは2005年の時点で廃止されていました。
 
反応がなく、呼吸がない、もしくは正常な呼吸でなければ、次は脈拍触知です。
 
市民救助者の場合は行わないことになっていますが、ヘルスケアプロバイダーは脈拍触知も行うことになっています。
 
これはおそらくACLSを意識してのことだと思います。
 
ACLSでは、無脈性電気活動(PEA)の鑑別のために、頸動脈触知は必須です。このチェックによって治療のアルゴリズムがまるきり変ってしまいますので医療従事者には脈拍触知スキルを求めている、と理解すると納得できるかと思います。
 
10秒以内で脈があると確信できない場合はCPR開始というのはガイドライン2005と同じ。
 
右上の「質の高いCPR」という欄にあるとおり、胸骨圧迫は「強く・速く」がより強調されています。
 
 ・速さは100回/分以上 (G2005では100回/分程度)
 ・深さは5センチ以上 (G2005では3-5cm)
 
ガイドライン2005と違い、「○○以上」となっている点に注目ください。
 
胸骨圧迫30回を行ったら、ヘルスケアプロバイダーの場合は、基本は人工呼吸2回です。
 
人工呼吸の省略がいろいろ言われていますが、訓練を受けているヘルスケアプロバイダーは人工呼吸も合わせて行うのが原則のようです。
 
人工呼吸を行う場合は、頭部後屈あご先挙上で気道確保します。A-B-CのAがようやくここで登場。
 
本来は蘇生手順の最初だった気道確保(Airway)が、後回しになるというのがガイドライン2010のBLSの特徴です。
 
反応with呼吸確認を除いた一番最初の処置は胸骨圧迫(Chest Commpression)、次に気道確保(Airway)、続いて人工呼吸(breathing)というわけで、A-B-Cに対してC-A-Bとも言われています。
 
 
AEDが到着したら、すぐに使います。使い方は従来通り。
 
強いて違う点をいえば、1歳未満の乳児に関してもAEDが使えるようになったという点はありますが、今回のテーマとは外れるので詳しくは書きません。
 
 
以上、ざっとではありましたが、ガイドライン2010の新しいBLSの概要でした。
 
 
 

続きを読む


ボランティア・インストラクター公募開始

BLS-AED.net横浜では、医師や看護師を対象としたプロとしての蘇生技術を指導する有料講習から、市民のための無料講習まで幅広く開催していますが、こうした活動を支えてくださるボランティアスタッフを募集しています。

救急蘇生法ボランティア・インストラクター募集中!

資格や指導経験の有無は問いません。

心肺蘇生法とその指導方法についての勉強会を随時開催していきます。

私たちと一緒に勉強しながら、自分自身の蘇生技術・指導技術を維持、研鑽していきませんか?

現時点では、会費等はいただいていませんので、どうぞお気軽に上記ページよりご登録ください。

各種団体での蘇生インストラクター資格をお持ちの方、看護師さん、ライフセイバーの方なども大歓迎です。

希望する方には、アメリカ心臓協会BLSインストラクター/ハートセイバーインストラクター資格取得への道も開けます。

どうぞご一考ください。

続きを読む


AHA-BLSコース受講者募集8/15横浜上大岡

2009年8月15日(土)夕方17:00~21:00の予定で、アメリカ心臓協会(AHA)公認BLSヘルスケアプロバイダーコース開催を企画しています。

公募制で受講者を一般募集します。

場所は、神奈川県横浜市港南区、京浜急行 上大岡駅近く。

近日中にBLS-AED.net横浜ウェブサイトで募集を開始予定です。

マネキン:受講者比が1:1で短い時間ながら、プロとしての着実な蘇生技術を身につけることができます。また医療者以外の方でも安心して受講できる環境をお約束します。

興味がある方は、ウェブサイトへどうぞ。

続きを読む


麻酔科医の先生たちにBLS講習会

年明け早々、今日は市内の総合病院内でアメリカ心臓協会AHAの医療従事者対象のBLSヘルスケプロバイダーコースを開催してきました。
 
受講者は麻酔科の医師たち3名。
 
さすが、麻酔科、人工呼吸の専門家。バッグバルブマスク換気は手慣れたものです。
 
3時間もかからず全カリキュラムが修了。
 
 
数年後から、日本麻酔科学会でもAHAのBLSとACLS資格取得が義務化されることになっているそうです。
 
今後、ますます医師たちからのコース開催需要が増えていくようです。

続きを読む