ファミリー&フレンズCPR+ファーストエイドforチルドレン

先日、無事にハートセイバーAEDコース、ヘルスケアプロバイダーコース、ファミリー&フレンズ・ファーストエイド、ファミリー&フレンズCPRの集中コースが終了しました。
 
受講された皆さま、お疲れさまでした。
 
 
今回は初めて東京都内での公募コースを行ってみましたが、横浜開催に比べて受講者の傾向が違うのかなという印象がありました。
 
横浜での開催では、医療者向けのBLSヘルスケアプロバイダーコースはあまり人気がなく、有料の会場では最少催行人数に達せず、中止になるパターンが続出していました。
 
それに対して市民向けのハートセイバーAEDコースはキャンセル待ちが出るほどの人気。
 
 
これがなぜか東京では完全に逆転しました。
 
たまたまなのかもしれませんが、主催する側としては少し気になるところです。
 
 
さて、今回公募コースとしてははじめて開催したファミリー&フレンズCPRと同ファーストエイドコースですが、義務のない市民向けプログラムとして侮ることなかれ。
 
ファミリー&フレンズCPRは、ファシリテーションの仕方にもよりますが、マネキンと受講者を1:1で開催した場合、CPRの練習量はヘルスケアプロバイダーコースより多いかもしれません。
 
理屈を云々せず、大事な部分だけをピンポイントで練習してとにかく練習をさせますので、運動量は相当のもの。インストラクタークラスの人が受講しても、結構骨太に感じるようです。
 
ヘルスケアプロバイダーコースやハートセイバーコースと違い、公的な資格を認定するものではありませんから、教え方や教える「深さ」も受講者に合わせて自由にアレンジできます。場合によってはヘルスケアプロバイダーコース以上のこだわりのコース展開をすることも可能。
 
癖のないシンプルなコースだけに、このファミリー&フレンズCPRのDVDをベースにして様々な場面に応用したコース展開ができて、とても料理のしがいのあるすばらしいコースだと思います。
 
ファミリー&フレンズ・ファーストエイドforチルドレンも同じで、両方を合わせて独自に料理をすることでより実践的で魅力的なコース展開が出来そうです。
 
今回の反省や皆さまからの意見も取り込みつつ、次回開催につなげていきたいと思います。


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする