7月18日~19日、横浜でACLSプロバイダーコース開催決定!

7月18日~19日にかけて、横浜駅近くのかながわ県民活動サポートセンターでACLSプロバイダーコースの開催が決定しました。
 
AHA-ACLSプロバイダーコースは、一次救命処置BLSに続いて病院内で行われる高度な二次救命処置を学ぶ医師・看護師向けの高度な心肺蘇生法講習。
 
アメリカ合衆国の認定資格ですが、日本でも評価は高く、内科認定医や、麻酔科専門医、循環器専門医になるためにはACLSプロバイダー資格が必須となっています。
 
 
横浜地区でもいくつかの団体がAHAと契約を結んで、ACLSプロバイダー資格の認定を行っていますが、今回BLS-AED.net横浜が手がけるACLSプロバイダーコースは他とはちょっと違います。
 
何が違うかというと、アメリカ本国で発行される正真正銘のAHA-ACLSプロバイダーカードが取得できるという点。
 
アメリカ心臓協会(American Heart Association)の資格が取れると言っても、通常、日本国内ではAHAと契約を結んだ日本のNPO法人や学会などが、その修了カード発行業務を行っています。
 
しかし、BLS-AED.net横浜でACLSを受講した場合は、アメリカ本国直轄でコース開催しますので、アメリカのハワイから修了カードが発行されます。
 
カードの裏には、Hawaii Regionと書かれて、ハワイに行ってACLSを取得してきたのと同じ扱いになります。
 
おそらく、横浜市内でアメリカのプロバイダーカードが取得できるACLSコースは、公募コースとしては今回が初めてじゃないでしょうか。
 
ACLSに興味があって、都合がつく方がいましたら、お申し込みをお待ちしています。
 
詳細は BLS-AED.net横浜 トップページをご参照ください。

シェアする

フォローする