BLSインストラクター一覧

「元気」が大事、BLSインストラクター

3ヶ月ぶりのAHA BLSインストラクターコースを開催しました。
 
今回、受講してくれたBLSインストラクター候補者は6名。
 
日本救急医学会の二次救命処置ICLSインストラクター資格を持っている方や、ライフセイバーとして日頃から救命処置を指導している方など。
 
日頃からBLS(CPR+AED)を教え慣れている方にとって、AHAのBLSインストラクターコースは、斬新に映るようです。
 
アメリカ心臓協会のインストラクターは、インストラクター(指導者)というよりは、実はファシリテーター。
 
教えよう、という思いが強い人には実は向きません。
 
学んでほしい、というスタンスが本質だからです。
 
 
蘇生教育経験者にとっては、このあたりの気持ちの切り替えが難しいところかもしれません。
 
 
昨日のBLSインストラクターコースを進めるうちに、私自身が気づいたのは、BLSインストラクターにとって一番重要なのは、実は「元気」なんじゃないかなという点。
 
ビデオ教材を使って受講者が学習をするのをうまく乗せてあげる、後押し。それがなにより大事です。
 
ビデオ教材に合わせて練習することで学ぶというサイクルにうまく乗せてあげれば、学習者は自ら学んでいきます。
 
そこまで誘導していくためには、元気な励ましと勢いづけが大切。
 
それができなければ、いくら蘇生サイエンスに対する知識があっても意味がありません。
 
 
そんな本質が伝わったかどうかは、後日控えているモニター試験が楽しみです。


BLSインストラクターコース

本日は、とある大学病院でBLSインストラクターコースを開催してきました。
 
AHA BLSインストラクターコースは、アメリカ心臓協会の公認BLSインストラクター資格を取りたい人が受講するステップのひとつです。
 
アメリカ心臓協会 American Heart Association はおそらく世界でいちばん蘇生技術の普及と教育に力を入れている団体だと思います。
 
世界で事業を展開している巨大な組織ですから、インストラクター育成のためのプログラムも力が入っています。
 
インストラクター向けの教材も考え抜かれていて、世界中のどこで誰が教えても同じ質が保てるように工夫がされています。
 
そうしたインストラクター向けの教材の設計理念を理解して、その意図通りに使う方法を学ぶのがBLSインストラクターコースです。教え方の粋が詰まった方法が最大限の効率を生みます。
 
医学と教育学のバランスが絶妙で、コースで使うビデオ教材の構成のカラクリ、例えばなんで「もしもし大丈夫ですか?」からではなく、胸骨圧迫の練習からはじめるの? など、教材設計の理屈などを織り交ぜながら解説させていただきました。
 
受講された方たちが、今後AHAのインストラクターとして活動する上だけでなく、そこで身につけた「教える技術」のヒントをなにか他のことにも活かしてもらえたらなと思っています。

続きを読む