AHA-BLS ガイドライン2010対応コースの開催予定について

11月11日にアメリカ・シカゴで開催されたAHAインストラクター向けガイドライン2010カンファレンスにおいて、AHAとしてのガイドライン2010対応コース開催の指針が示されました。
 

AHA ECCプログラムのガイドライン2010対応方針について
  • 2010年12月6日の週を目安にインストラクター向け補助教材・筆記試験問題(英語)がリリースされる
  • 当面は、G2005のテキスト/DVDに補助教材を加え、G2010対応コースとしていく
  • 2011年3月1日以降は、旧ガイドライン2005コースの開催は禁止
  • 正式なG2010教材がリリースされたら、新しい教材でのコース開催に移行する

 
BLS-AED.net横浜では、12月6日の週にリリース予定の英語版補助教材ならびに新しい筆記試験問題の日本語化が完了し次第、G2010対応コースを提供していきます。
 
現在予定している12月末のハートセイバーコースに関しては筆記試験はありませんので、AHAより補助教材としてインストラクター向けに配信されるC-A-B Sequence Videoのリリースが遅れなければ、従来のDVDを用いつつ、CPRの流れは新しいガイドライン2010で練習していきます。
 
12月末と1月に予定しているBLSヘルスケアプロバイダーコースは、新しい筆記試験問題がトレーニングセンター経由で配信されることになっています。
 
こちらは受講者の皆さまの利便性を考えると日本語化する必要がありますので、独自の翻訳が完了し次第、ガイドライン2010に移行予定です。
 
仮に正式な移行がまだでも、ガイドライン2010での変更点に関してはコース後に補足説明していくつもりです。
 
 
 


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする