AED練習は技術トレーニングではない!

私たちはAEDの教え方を間違っていたのかもしれません。
 
AEDは練習しなくても使えます。
 
そう設計されています。
 
だからこそ、街中のいたるところに、誰もが手の届くところに置かれているわけです。誰でもいいからその場にいる人が使ってください、と。
 
そんな誰でも使えるAEDを私たちはどのように教えてきたでしょうか?
 
丁寧に教えすぎていませんでしたか?
 
難しく教えていませんでしたか?
 
 
説明しすぎて、使い方を覚え込ませてしまうと、人は判断しなくなります。
 
AED操作に必要な暗記事項はふたつだけです。
 
1.電源スイッチを入れる
2.音声指示に従う
 
機種によりメッセージも操作も違うわけですし、特定のAED練習機で遣い方を覚え込ませるのはナンセンスです。
 
私たちが受講者さんに伝えるべきもっとも大切なことは、「音声指示をよく聞いて、それに従う」、という「態度」であるはずです。
 
そのためにはインストラクターが先回りして、クドクドと使い方を説明してはいけないと思います。
 
音声指示を聞く、というメインメッセージを伝えるためには、説明なしでAEDを操作してもらうのがいちばん効果的かもしれません。
 
AED練習は技術トレーニングではなく、「態度スキル」のトレーニングです。
 
インストラクターは、心肺蘇生法スキルを3つのフェーズに分解して、それぞれ指導法を変える必要があるでしょう。
 
胸骨圧迫と人工呼吸はテクニカル・スキル。練習あるのみ。
 
安全確認から心停止の認識、通報、CPR開始までの判断は認知スキル。シミュレーションが必要。
 
AED操作は認知スキルと態度スキルのミックス。シミュレーションとディスカッション。
 
私たちはこれまですべてをテクニカル・スキルと捉えて、レクチャーと「練習」で習得させようと、間違った指導法をしてきた気がします。
 

 
 


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする