「効果的な心肺蘇生法講習の組み立て方」ワークショップ

今日、開催した「効果的な心肺蘇生法講習の組み立て方~成人学習理論を活用する」ワークショップ最後のスライドです。
 

救命講習BLS研修:既製服からテーラーメイドの時代へ

 
良くも悪くも救命講習やBLS研修の進め方は王道が出来上がっています。
 
今回のワークショップでは、講習組み立てのロジックの入口を紹介しました。
 
これまでは既製服で肩幅がちょっとあわなくても、それしかないから、疑問にも感じなかった。しかし、服の仕立て方を知ってしまうと、最終的には対象にマッチさせた服を作りたくなってくる。
 
そんな視点の広がりが、今回のワークショップの意図したところです。
 
2010年ガイドラインになってから、子どもの蘇生法を巡って起きている議論もかんがみて、顧客本位の講習の必要性が高まっています。
 
この先、どんどん高まっていくことが予想されるそんなニーズに応えられる人材を増やしていきたい、そう考えています。
 
 

 
 


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする