「わかる」と「できる」は違う シミュレーションの効用

わかることと、できることは違う。
 
誰でも頭ではわかっていると思います。
 
しかし、このことを強く突きつけられるのが、シミュレーション・トレーニングではないでしょうか。
 
 
Sim-PEARSプロバイダーコースを例に、説明してみます。
 
PEARSでは、事前学習に加えて、ビデオ教材で体系的アプローチの説明を聞いて、映像を見ながらのディスカッションベースのアセスメント訓練で、A-B-C-D-Eアプローチの仕方を段階的に身に着けていきます。
 
息も絶え絶えに呼吸をする子どもの映像、顔面蒼白で眼球上転している子どもの映像。
 
そんなリアルな教材を使ってアセスメントの練習をする、これまでに経験したことがないリアルな学習体験に、座学でのディスカッションだけでもそれなりに満足感を感じるのがPEARS(Simなし)です。
 
しかし、この後、2010年版からはオプション扱いになっている「シミュレーション」を行うと、受講者の心持ちは変わります。
 
さっき、映像をみて練習して、なんとなくできる気になっていた体系的アプローチが、マネキンの前に立ち、チームメンバーと向き合った時に、ちっとも進まなくなるのです。
 
「頭のなかが真っ白になった」という感想は珍しくありません。
 
分かった気になっていたけど、できない。
 
そんな現実に直面するのです。
 
 
PEARSプロバイダーコースで、体系的アプローチを学ぶのは、試験に合格するためではありません。
 
臨床で使うために学ぶのだという点は言うまでもありません。
 
体系的アプローチという手法を知るのが第一歩ですが、知るだけでは使えない。
 
そのことに気づくだけでも、シミュレーションの効果は絶大です。
 
シミュレーションを通して使い方の練習を行い、チームメンバーとの連携の仕方と報告を体得するというさらなる学習体験が必要です。
 
そして、最終段階として実臨床で使ってみる。
 
そうして、「知る」と「できる」の間の溝を埋めていく必要があります。
 
特に実臨床の前に、患者さんに不利益のないシミュレーション学習で経験値を上げておくことは大きな意味があります。シミュレーションありとなしでは、「できる」までの段階差は雲泥の違いといって過言ではありません。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする