保育に従事する看護職に求められる役割講座 -4/20(土)

BLS横浜の直接の企画ではありませんが、保育園で働く看護師さん向けセミナーのご紹介です。

保育に従事する看護職に求められる役割講座

BLS横浜でもエピペン講習を巡っては、厚生労働省の「保育士等キャリアアップ研修」の講師を努めたり、公募での「エピペン&小児BLS」講習、また保育園からの依頼講習も度々受けており、保育園で働くナースの方と接する機会は多いです。

特にファーストエイド系の講習では、保育園ならではの悩みというか、相談を受けることもよくあります。

保育職(福祉職)の中で、唯一の医療職での重圧だったり、衛生観念などの業界間のギャップ、応急処置に関して責任者となることへの不安、処置方針を巡って親御さんとの意見の相違やトラブル。


BLS横浜が関わるのは、主にファーストエイドと救急対応が中心ですが、実際の保育園看護師の業務としては、日々の成長や健康管理であったり、園によっては保育士と同じ保育業務が多いところもあるでしょう。

保育園看護師の多くは、どこも一人職であり、業務内容も園によって様々で、なかなか誰かに相談したり、情報を共有するのが難しく、悩みのうちに仕事をしていて、なかなか長続きしないという現状もあるようです。


そこで、「保育に従事する看護職に求められる役割講座」。

もと保育園で園長をしていて、今は保育の危機管理が専門の講師による話と、参加者同士の意見交換、ワークショップで構成される2時間です。



看護師の中にはいつか保育園で働いてみたいという方も少なからずいらっしゃるかと思いますが、保育園ナースにフォーカスした珍しいワークショップです。

ぜひ、参加をご検討ください。

保育に従事する看護職に求められる役割講座
4月20日(土)18:30-20:30 横浜みなとみらい 桜木町駅徒歩5分
主催:EMR財団 【詳細・申込み

詳細、申込みは、一般財団法人エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団 のホームページからお願いします。

当日は、BLS横浜もスタッフとして参加する予定です。

シェアする

フォローする