AHA US-eCard のデザインがマイナーチェンジ

AHAプロバイダーカードのデザインがマイナーチェンジしたようです。

上が旧カード、下が新カード。

どこが変わったかわかるでしょうか?

AHA-US-eCardのデザインがマイナーチェンジしました

そう、ロゴマークがG2015の新デザインにかわっているんですね。

それとこれまでなかったeCardコードが記載されるようになりました。(eCardコードはこれまでは賞状型のFullサイズにしか記入されていませんでした)

eCard裏面の変更点は、、、少し残念

続いて裏面。右が旧カード、左が新カードです。

ハワイのeCardからはUSAの記載が消えてしまいました

資格を発行したトレーニングセンターの所在地を示す部分が大きく変更されています。

TC Adrress → TC City, State

住所の記載が、州と市に変わってしまったため、USA という表記がなくなってしまいました。

これはなんとなく残念。

HI というのがハワイ州を示す略語なのですが、日本人にはピンときません。

そこで USA という表記があるからこそ、日本の国際トレーニングセンター(ITC)ではなく、米国のナショナル・トレーニングセンターで取得した資格というのがわかりやすかったのですが、、、

これまでBLS横浜で受講くださった方には、「ハワイでACLS資格を取ってきた」と言ってもバレませんよ、なんて冗談半分に言っていたのですが、ちょっと通じにくくなっちゃったかなと。

カードの下のコピーライトの部分を見ると、2020年3月にカード仕様がマイナーチェンジされたみたいですね。

少々わかりにくいですが、Aiea, HI ということで、ハワイ州のアイエア市で発行された純正のUS-ACLSプロバイダー資格であるということは間違いありません。

BLS横浜で ACLS や BLS 資格を取得した方は、カード裏面の表記を見てみてください。



(現時点、ハートセイバー・ファーストエイドCPR AEDと、PALS/PEARS 資格はハワイではなく、日本の JSISH-ITC からの資格発行としております。日本国内の住所がローマ字表記で記載されています。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする