ウィルダネス・ファーストエイド一覧

応急処置と医療行為と法律

先日、北米で発達した野外救急法講習ウィルダネス・ファーストエイドの危険性について取り上げました。

病院搬送するのに何日もかかるようなウィルダネス環境下(たとえば山奥など)では通常の救急法ではカバーできない部分があり、ウィルダネス・ファーストエイド講習では、医療行為に含まれる高度な処置をも教える場合があります。

脱臼の整復や内服薬の投与、さらには注射まで含むことがあり、これはら医師以外は行えない医療行為です。

アメリカでは医療機関に搬送困難なウィルダネス環境下では、医師免許を持たない人でも、そういった高度なファーストエイド処置が提供できるようですが、当然日本国内では認められていません。

命にかかわる事態であれば、法律違反を覚悟の上で実施するという判断も、自己責任が常識の登山の世界ではありかもしれませんが、その行為の重さがウィルダネス・ファーストエイド受講者になかなか伝わっていないというのが問題となっています。

それに関連して、救急法と法律に関して考える上でよい事例がありましたので、ご紹介したいと思います。


『休日に業務外で救命行為をした消防指令を処分、退職』

2011年6月2日/朝日新聞

茨城県石岡市消防本部は5月31日、休日に自分の業務ではない救急救命行為をしたとして、救急救命士で石岡消防署の男性消防司令(54)を停職6カ月の懲戒処分にした。消防司令は即日、辞表を提出し受理された。このほか、監督責任を問い、消防長ら上司5人を訓告処分にした。

同消防本部によると、消防司令は4月14日午後0時半ごろ、静岡県内の東名高速道路で自家用車を運転中、追突事故に遭遇。医師の指示を受けないまま、不当に所持していた同消防本部の医薬品を使い、けがをした運転手に静脈路を確保するための救命処置を行ったという。

本人からの申し出や、静岡の消防本部からの報告で発覚した。消防司令は「法律(救急救命士法)に触れることはわかっていたが、助けたい一心でやってしまった。(石岡市消防本部の医薬品は)東日本大震災の後、もしもの時のために持っていた」と話したという。(http://www.asahi.com/health/news/TKY201106020255.html)


最近、報道されたこの事例は、交通事故、「胸が痛い」と訴えているハンドルで胸を打った可能性がある男性に対して、たまたま通りかかった非番の救急救命士が注射針をさして点滴(静脈路確保)をしたというもの。(参考:http://www.j-cast.com/2011/06/01097286.html

この行為には様々な問題がはらんでいますが、いま問題にしたい最大のポイントは、「救急救命士が生きた人間に針を刺すことは法律で許されていない」という点です。

救急救命士は静脈路確保のために注射針を刺すことはできますが、それは心臓が止まった人間に対してのみ。今回のケースでは「胸が痛い」というだけで心停止ではありませんでしたので、この時点で違法行為です。

当該救命士が当時非番であったり、無断で職場の点滴器具を持ち出していたなどの問題もありますが、それらは抜きにして、そもそも救急救命士には許されていない医療処置を行ってしまったのです。

その結果、地方公務員法違反(信用失墜行為)ということで停職6ヶ月の処分となりました。しかし、他にも、医師法違反、救急救命士法違反で免許剥奪、また傷害罪などにも問われる可能性が考えられますので、処分としては軽いものであったと言えるかもしれません。

このことから言えるのは救急救命士という救命のプロが必要と判断して行ったことであっても、法律で許された範囲外の行為は違法であり、処分が下されるという事実。

命を救うためといっても違法は違法。それが法治国家における法律というものです。

ウィルダネス・ファーストエイドでは、命を救うためにはやむを得ない場合のみ行うという位置づけで一部の医療行為を学びますが、それを実践で使うときには法律を犯すという自覚、また社会的地位を失うということを考える必要があります。

いくらアメリカ合衆国で公認されているライセンスを取得しても日本ではなんの免罪符にもなりません。

とはいえ、野外環境下での特殊な救急法を学ぶことは否定はしているわけではありません。

大自然と対峙したとき法律などは人間が作ったちっぽけなもので、命の重さに比べれば取るに足らないものといえる瞬間があるかもしれません。

しかしそれは最終手段、奥の手であり、日常生活で使うものでは決してないわけです。

問題の救急救命士が、なぜ結果的には必要もなかった静脈路確保をしてしまったのかというと、真実はわかりませんが、少なくとも職場から無断で持ち出した「輸液セット」が手元にあったから、というのは事実だと思います。

持っているから使いたくなる。

それは人間の心理として想像に難くありません。

ウィルダネス・ファーストエイドの知識と技術に関しても同じことが言えます。

知っているからやってみたくなる。そんな衝動はきっと受講者誰もの心の中に潜んでいるに違いありません。

だからこそ、ウィルダネス・ファーストエイドの中に含まれる医療行為についてはセンシティブになって慎重に扱い、教える側も細心の注意をもって指導していく必要があります。

またアメリカの講習プログラムではありますが、開催するのが日本国内で主に日本で使うことを想定している受講者が大半であるなら、日本の法律と日本の周辺事情を加味して、自己責任として正しく判断できるだけの情報提供がなければなりません。

そうしてアメリカではなく日本国内としての倫理観を身につける付加教育がなければ、諸刃の剣としてウィルダネス・ファーストエイドは危険なものと成り下がってしまいます。

ある人は、日本で開催されているウィルダネス・ファーストエイド講習を「大人のお医者さんゴッコ」と表現しました。受講者に勘違いが生じてしまっている現状を考えると、そのとおりだと思います。「大人のお医者さんゴッコ」が社会問題とならないためにも、受講者は高い倫理観を持っている必要があります。

人里はなれた野外環境で活動する人間にとっては、必要不可欠とも思える有用な技術・知識ですから、分別をわきまえた大人が分別を持って学び、健全に日本に根付いてくれることを願っています。


ウィルダネス・ファーストエイドの危険性

BLS-AED.net横浜では、ウィルダネス・ファーストエイド Wilderness First Aid と呼ばれる野外救急法の推進活動も行っています。
 
これはアメリカ・カナダで発達した人里はなれた野外(ウィルダネス)を想定した特殊な救急法。
 
医療資格を持たない一般市民向けですが、病院にいくまでに何日もかかるような場所では、通常では医療者任せにするやや高度な判断や処置をしなければならないこともあります。
 
通常の救急法の範疇を越えて、救急隊未満くらいな感じでしょうか。
 
私たちの主要スタッフはアメリカ赤十字(American Red Cross)のウィルダネス&リモート・ファーストエイド Wilderness & Remote First Aid インストラクター資格を持っています。
 
日本では数少ないARC公認インストラクターとして、ウィルダネス&リモート・ファーストエイドを日本で広めるのは私たちの使命と考えていますが、諸事情によりアメリカ赤十字の公認ライセンスを発行する講習会の開催は控えています。
 
 
というのは、法律や前提条件の違うアメリカ合衆国の講習プログラムを日本にそのまま持ってきていいのか、という疑問があるからです。
 
一言で言うと、「日本でやったら医師法違反で逮捕される」ような処置も含まれている点が問題。
 
日本の救急法では、消毒も含めて薬を使うのはご法度です。
 
しかし、ウィルダネス・ファーストエイドでは、プロトコルにしたがって内服薬や、さらには注射薬を投与する場面がいくつかあります。
 
また、スパイン・テストといって、脊椎損傷の疑いがあるときの頭部保持を解除するための神経学的評価の項目もあります。これは日本の医療従事者や救急隊からしたら信じられないようなシロモノで、救急救命士であってもそんなことは絶対にやらないというくらいの危険なものです。
 
救助がこない野外環境下では必要な場合があるという点は異論はないのですが、その意義と危険性(傷病者への危害と救助者の法律的な訴追の両方)の情報を正しく提供し、本当にそれを行うべきか、責任を負う覚悟ができているか、そんな判断ができるようになるまで援助をできる体制が、私たちにはまだ整っていません。
 
それゆえに、こうした日本では違法性が疑われる行為を教えることは控えている状況です。
 
そのため、現在は、オリジナル勉強会という形で、ウィルダネス・ファーストエイドのエッセンス、また傷病者評価(アセスメント)システムに関して講習展開をするにとどめています。
 
幸い、私たちは医師・看護師・救急救命士といった医療のエキスパートを含めて構成されています。医療監修がきちんと行える体制はあります。足りないのは法律的な解釈と説明。そこをフォローできる体制をつくり、日本で教えられる範囲と避ける範囲を明確にし、日本の風土・法的環境に適した野外救急法を確立することを目指しています。
 

 
 


「ウィルダネス・ファーストエイド勉強会」

先日開催したBLS横浜オリジナル企画「ウィルダネス・ファーストエイド勉強会」のご報告です。
 
公募のオープンセミナーに、本格的な救急法を学びたいという沢山の人たちが集まってくれました。
 
バッググランドも多彩で、自動車教習所の教官、マウンテンバイクのインストラクター、元自衛隊員、元フランス外人部隊員、大学の先生、山岳ライター、救急救命士、臨床工学技士、看護学生、etc.
 
 
ウィルダネス・ファーストエイド Wilderness First Aid (WFA)とは、北米で発達した主に山岳レスキュー隊やアウトドア・ガイドなど向けの特殊な救急法のことをいいます。
 
救急車を呼んでも来ないような僻地、また医療機関にかかるまで時間がかかる場所では、いわゆる普通の救急法では対応できません。
 
町中の市民レベルの救急法と救急隊員が行う応急処置の中間あたりといったらいいでしょうか。
 
日本では医療従事者にしか教えないような、やや高度な応急処置の手順と技術を学びます。
 
しかし、それだけではありません。
 
ウィルダネス・ファーストエイドの最大の特徴は、人が生きる仕組みと死に至るメカニズムを学び、死に至る過程を食い止める方法を考えられるようにトレーニングするところにあると思います。
 
病気やケガの症状とその処置法を暗記する、というものではありません。
 
おそらく日本で知られている救急法教育の大半は「暗記もの」です。
 
そこから脱却し、みずから考え、判断できるような思考パターンに切り替える、それが今回の勉強会の最大の目標でした。
 
 
人が生きる基本原理を知り、体温、脈拍、呼吸数、呼吸パターン、皮膚の質感などから体の中で起きていることをイメージし、問題点を見つける。
 
とても半日程度で身につけられるものではありませんが、少しでも手応えを感じて貰えればと思い、企画をしました。
 
 
 
今回行ったシミュレーション・トレーニングのシナリオをひとつだけご紹介しようと思います。
 
標高3000メートルクラスの稜線上にある無人の避難小屋で雷をやり過ごしている最中、近くで落雷。直後に雷に打たれた人が小屋に運び込まれてきた。さあ、どうしますか? というもの。
 
落雷の危険ということで、まずは状況評価が問題。
 
次いでうつぶせで倒れている傷病者の評価を開始。
 
このときのポイントはうつぶせ状態の傷病者の呼吸確認をどうするか?
もし仰向けにするとしたらどうするか?
 
初期評価の段階で呼吸停止(心停止)を確認。ここで傷病者役の受講者さんからマネキンにチェンジ。CPRを開始してもらいました。
 
そしてこのシナリオ最大の問題。
 
・緊急通報をどうするか?
 
・CPRをいつまで続けるか?
 
 
結論から言ってしまいますと、この場合、ハッピーエンドには終わりません。
 
携帯電話や無線で緊急通報してもAED到着はまず間に合いません。
 
CPRを続けても、心室細動の持続時間が多少延びるだけで、根本解決にはなりません。
 
町中なら、力尽きるまで精魂込めてCPRを! というかもしれませんが、ここは山の中。救助者の体力消耗は、場合によっては救助者自身の命取りになりかねません。
 
ですからウィルダネス・ファーストエイドとして、ここで考えるべきなのは、CPRをいつやめるか、また場合によってはそもそもCPRを開始しない、という選択なのです。
 
 
このあたりは、いわゆるふつうの心肺蘇生法を学んでいる人たちにはショッキングな内容かもしれませんが、実はウィルダネスでは、心肺蘇生法はあまり意味がありません。
 
外傷性の心停止はそもそもCPRの適応外ですし、心停止後30分経過したらCPRは行わない、もしくは中止するという指標もあったりします。
 
心停止にまで行ってしまったらアウト。その前に兆候に気づいて介入するというのが基本スタンスです。
 
 
このケースからもわかるように、場所を都市部から僻地に変えただけで、前提条件ががらっと変り、救急法はまったく別のものになります。
 
既成概念を崩し、状況に合わせ自分で判断できる力を養うのがウィルダネス・ファーストエイドを学ぶ本質的な意味。
 
受講者の皆さんには、やや後味の悪い思いをさせてしまったかも知れませんが、考えるきっかけとなればと思っています。
 
 
さて、今後の展望ですが、ウィルダネス・ファーストエイドに代表される Advanced First Aid 勉強会は、今後も続けていきたいと思っています。
 
理想的には、1日ないし2日かけて、室内で基礎理論と基本手技を身につけ、最後は実際に野外に出て実践的なシミュレーション・トレーニングを行うというもの。
 
屋内講習は土日に横浜で、翌週の土曜日に葉山あたりで屋外シミュレーション、といった感じでしょうか。
 
 
 
興味がある方達は、どうぞ今後の展開にご期待ください。


普遍的な救急医療の原点ウィルダネス・ファーストエイド

今日は看護学生さんのグループのために特別企画した講習会でした。
 
BLSヘルスケアプロバイダーコースatBLS-AED.net横浜
 
医療従事者としての心肺蘇生技術を身につけるBLSヘルスケアプロバイダーコースと、ファーストエイドの基礎を学ぶファミリー&フレンズ・ファーストエイドforチルドレン・プログラムの二本立て。
 
特に、ウィルダネス・ファーストエイド(米国の野外救急法)に興味があるとリクエストをいただいていたので、今回は特別にかなり上級向けの内容まで踏み込んだコース展開となりました。
 
これから看護師になろうとしている人たちが、ウィルダネス・ファーストエイドに興味を持ってくれるのはとても嬉しいことです。
 
今日の講習でもお話させていただいた点ですが、ウィルダネス・ファーストエイドには救急医療の本質と原点が詰まっています。
 
医療器具がまったくない野外環境下で、どこまでの診断(アセスメント)と処置が行えるのか?
 
それがウィルダネス・ファーストエイドです。
 
ウィルダネス・ファーストエイドで学ぶことは、地球上のどこに行っても自分の身ひとつで使える根源的な技術といえます。
 
 
 
医療が高度になればなるほど、医療者は器械に依存します。
 
そしていつしか、器械・器具がなければ何もできないという状況に陥りかねません。
 
 
 
文明の発達は、大きな貢献がありつつも、人間の持っている能力を奪っていくという側面も併せ持っています。
 
いつしか人は火を扱うことを忘れ、今ではライターやマッチを使っても満足に焚き火を起こせる人は少なくなりました。
 
ナイフで鉛筆を削れる人はどれだけいるのでしょう?
 
 
人間が持てる最大の財産は知識と技術。
 
その知識と技術が文明に依存したものであったら、その文明を外れたときに、その財産は無価値なものになります。
 
最新のエコー装置の使い方を熟知していても、エコーの器械そのものがなければ、その知識は無意味です。
 
しかし聴診で体の中で起きていることを知る術を持っていれば、聴診器自体は工夫次第で作りだすことができるかもしれません。おなかや胸に耳を直接押し当てればわかることがあるかも知れない。
 
そんな人類として普遍的なところにウィルダネス・ファーストエイドの価値と本質があると思うのです。
 
ウィルダネス・ファーストエイドは、もともと野外で活動する市民のために開発された教育プログラムです。医療者のためのものではありません。高度なことは含まれませんし、限界もあります。
 
しかし市民向けだからこそ、高度な器具は使わず、身ひとつで緊急事態に対処する術を学び、体の5感を使って傷病者を評価する方法を学びます。
 
もしかしたら医療器具・器械の発達と共に医療従事者はすでに捨ててしまったかも知れない、古典的な医療のテクニックが残っているのがウィルダネス・ファーストエイドといえるのではないでしょうか。
 
医療の原点として、医療従事者の人にもぜひ学んでほしい内容です。
 
僻地医療に携わるとか、海外の途上国支援にいくといった特別なことがなくても、身ひとつでできることをきちんと見つめることは、文明社会で働く医療者としての本質的な身の立て方にも影響を与えるはず、そう思っています。
 
 
 
【参考】ウィルダネス・ファーストエイドを独習するなら:
 
ウィルダネス・ファーストエイドのテキスト
 
The Outward Bound Wilderness First-Aid Handbook
 
米国系のWilderness Medical Associates (WMA) という団体が開催しているウィルダネス・ファーストエイドコースのテキストです。米国では類書は沢山ありますが、いくつか見た中でいちばんわかりやすく、かつ詳しく書いてあります。文字ばかりの本ですが、ウィルダネス・ファーストエイドの考え方と特殊性が深く学べます。