無料AED講習

先日、横浜駅近くのかながわ県民活動サポートセンターに場所を借りて、無料のAED講習を企画開催しました。
 
当日集まってくれたスタッフは、日頃一緒に活動しているアメリカ心臓協会AHA公認のインストラクターの他、心肺蘇生法普及に感心を持つ市民の方々。(裏話をしますと、インストラクターの中には、今年高校に上がったばかりの方もいました。しかしその堂々としたプレゼンテーションと落ち着いた語り口で、きっとみんな大学生と思っていたはず)
 
この講習は、日頃BLS-AED.net横浜で開催しているAHA公式コースや、消防長認定の普通救命講習ではありません。
 
当会オリジナル講習、さらにいえば、そのとき集まったインストラクターたちで知恵を出し合い作り上げたものです。(午前中には、心肺蘇生法指導者ワークショップを開催していました)
 
 
日本でも心肺蘇生法や救急法を指導・普及する団体はたくさんありますが、指導団体固有のしきたりや慣習があって、自由に教え方を模索するということは難しい現状があります。
 
もっと自由にアイデアを出し合ってより良いものを作り上げていく場があったら、、、、そんな思いで企画した今回のプロジェクトでした。
 
 
公募で集まってくれた受講者の皆さんの反応も上々で、プログラム修了後もかなりの方が残ってインストラクターへの質問タイムや、追加練習、さらにはメインプログラムでは扱わなかった窒息の解除や、赤ちゃんへの蘇生法など、日頃手にすることのない蘇生練習用マネキンを使って、納得いくまで練習をしてもらいました。
 
CPR普及を願う立場の人たちと、興味を持って学びにくる受講者の皆さん、その自由な交流の場があるというのも貴重です。
 
 
 
現実問題として会場費やマネキンの人工肺やフェイスシールドなど、蘇生講習にはそこそこの経費が必要です。
 
人件費やスタッフ交通費はボランティアでまかなえますが、それ以外の実費をどう捻出するか。
 
公的な後ろ盾のない一市民団体としては無料講習は限界があるのですが、今回の手応えから、頻繁にはできないかもしれませんが、またこうした機会を作っていきたいと考えています。
 
 
 


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする