ガイドライン2010一覧

呼吸確認にかける時間 【AHA G2010-BLS】

BLSヘルスケアプロバイダーコースで、よく質問されます。
 
「呼吸確認には何秒かけたらいいんですか?」
 
以前のガイドライン2005の時は、呼吸確認も脈拍確認も5秒以上10秒以内ときっちりされていたので、当然の疑問です。
 
ガイドライン2010になって、ヘルスケアプロバイダー向けのBLSの手順では、反応確認と呼吸確認を「ほぼ同時」に行なうことになったため、呼吸確認に要する時間がわかりにくくなっています。
 
結論から申しますと、呼吸確認だけに要する時間はG2010-HCPでは明示されていません。
 
示されているのは、反応確認と呼吸確認に要する時間が5秒以上10秒以内、ということだけです。
 
つまり、「大丈夫ですか?」と呼びかけてから、「誰か来て下さい!」までを10秒以内に行ないましょう、ということです。
 
ヘルスケアプロバイダー向け反応・呼吸確認に要する時間
 
この間に、傷病者の顔を見て反応の有無を確認し、胸から腹の動きを見て、呼吸の確認を行ないます。
 
反応確認に数秒は要するでしょうから、実際のところ呼吸確認の時間は5-6秒といったところでしょうか?
 
 
参考まで、テキストには書かれていませんが、2011年11月にシカゴで開かれたAHAのナショナル・ファカルティ・オリエンテーションでは、脈拍確認時にも重ねて呼吸確認を行なうことが示されていました。脈拍確認時、首もとを見つめている必要はありませんので、胸~腹を見て、改めて呼吸をしていないか見ましょう、ということです。
 
 
ということで、AHAにおいては、市民向け講習(ハートセイバーAED、ファミリー&フレンズCPR)と、プロフェッショナル向け(ヘルスケアプロバイダーコース)では、呼吸確認法と呼吸確認に要する時間の目安が異なっているため、複数コースを受講される方は、ご注意ください。
 
大雑把にいって、市民にとっては「反応・意識がない」というだけで一大事ですから、その時点で119番通報して、心停止の認識は、呼吸をしていない/死戦期呼吸で判断しますので、呼吸確認に専念ししっかり10秒かけて、ということだと思います。
 
それに対して、救命のプロや医療従事者にとっては、反応がないというだけで緊急コールをかけるのは、やや大げさというか情報不足。呼吸がない/死戦期呼吸という情報まで伝えて初めて緊急度が伝わる、ということで、反応と呼吸を併せて確認しています。
 
呼吸確認に要する時間はやや短めになりますが、その後、脈拍確認と併せて呼吸の再確認を行なうことで精度を補完しているとも考えられます。
 
 
 
実際のところ、どれくらいの秒数をかければ呼吸確認はできるのでしょうか?
 
講習会のときに、インストラクターが床に寝て、正常な呼吸の確認を皆さんに体験してもらうことがありますが、服の上からでも皆さんおおむね3秒~5秒くらいの間には呼吸しているのを確認できています。
 
速ければ1秒程度で手が上がる人もいます。
 
マネキンは呼吸をしていなくて当たり前。
 
呼吸確認は人間の実際の呼吸を見る体験をしてもらうことも重要です。
 
ないものをないと確信するのは難しいことです。疑心暗鬼になってしまうからです。そういった意味で10秒を越えないこと、という方が大切です。
 

 
 

続きを読む


総務省消防庁の救命講習カリキュラムが変わりました

心肺蘇生法の国際コンセンサス2010ならびに新しいガイドラインが発表されてから、11ヶ月。日本国内での普及はまだかまだかと待ちわびる方が多い中、朗報です。
 
2011年8月31日、総務省消防庁より、新蘇生ガイドライン切り替えに伴う新しい教育カリキュラムが発表になりました。
 
応急手当の普及啓発活動の推進に関する実施要綱の一部改正
(総務省消防庁ウェブサイトよりPDF資料)

 
 
今回の改訂のポイントを整理しますと、主に次の3点です。
 
1.「普通救命講習 III」の新設・・・小児・乳児・新生児の蘇生法180分
2.「救命入門コース」の新設・・・胸骨圧迫及びAEDの取扱いのみの90分
3. e-ラーニングを活用した講習や普及時間を分割した講習が可能に

 
 

1.「普通救命講習 III」の新設

これまでは消防庁のプログラムとして、子どもの蘇生をきちんと教える講習プログラムはありませんでした。
 
一定頻度者を対象とした普通救命講習 IIや、上級救命講習では、必要に応じて乳児・小児の蘇生も教えることになっていますが、東京消防庁や横浜市安全管理局(横浜消防)などでは、私どもの知る限り、インストラクターがデモンストレーションを見せる程度で、乳児マネキンに触れてきちんと練習する機会はほとんどありません。
 
しかし、小さな子どもを持つ親御さんや、保育士さんなど、子どもの蘇生法の需要が高いことは、当会の小児コースの人気の高さからもうかがい知れます。
 
子どもの心停止は、大人の場合と原因が違うケースが多いことから、ちまたのAED講習で知られているような「胸骨圧迫だけしていればいい」というのとは話が少し違います。
 
小児特有の問題を含めてきちんと教えてくれる場がなかったというのは、これまでの大きな問題でしたが、ここに来て普通救命講習 IIIが新設されたのはとても意義のあることです。
 
 

2.「救命入門コース」の新設

これは以前からいわれていた人工呼吸を省略した胸骨圧迫のみの蘇生法(Compression only CPR)と、AEDの使い方に特化した短時間の講習プログラム。標準である普通救命講習 Iが180分のところを、90分に縮めたバイスタンダーCPR増加を狙った講習プログラムです。
 
3時間の講習でも長いといわれ、企業からの依頼講習では渋られることが多かったことは私どもも経験しています。企業からの依頼では、1時間から1時間半と指定されることが多く、受講のしやすさという点では、この救急入門コースは非常に現実的な講習になると思います。
 
いちおう消防庁としては、従来からの普通救命講習 Iを標準とする考えは捨てていないようで、
 
「これまでの、住民に対する標準的な普及講習に変わるものではなく、時間的な制約や年齢などのため、従来型の講習への参加が難しい市民を対象とする。あわせて普通救命講習受講へつなげるための講習とする」
 
としています。小学生高学年(おおむね10歳)以上から受講できるそうです。(逆に普通救命講習は中学生以上という規定があったそうで、すこし驚きました)
 
 

3.e-ラーニング/分割講習

アメリカでは、インストラクター主導型の心肺蘇生法講習は少なくなってきています。
 
インターネットやCD-ROMを使ったコンピュータでの自己学習と、数千円で買える家庭用簡易マネキンとビデオ教材での使った自己トレーニングがメジャーです。(資格認定が必要な場合は実技試験を受けるためだけにインストラクターの元へ出向きます)
 
そうした先進国のやり方に倣ったと思われる今回の施策。
 
具体的には、60分の e-learnig を自宅パソコン等で修了し、1ヶ月以内に実技のみの救命講習(120分)を受講すれば、普通救命講習I(規定時間180分)の修了証を発行するというシステムのようです。
 
 
 

[ 所感 ]

いずれの新方針も、これまでの問題点を真っ向から見直す優れた内容だと思いました。ガイドライン2010では、「教育・実施・普及の方策」という章が新設され、手技的なことより、いかに広めるかという方策の重要性に関心事がシフトしています。
 
それをくみ上げた抜本的な改革、すばらしいです。
 
ただ、問題はこれらを実施するだけの現場の力があるのか、ということです。
 
現在、消防では、
 
 ・普通救命講習 I
 ・普通救命講習 II
 ・上級救命講習
 
という3つの普及カリキュラムを抱えていますが、これらすべてを定期開催できている自治体は非常に限られています。
 
特に普通救命講習 IIや上級救命講習は公募開催していない自治体も少なくないのではないでしょうか?
 
そんな中、さらにカリキュラムが3つ増えるわけです。
 
おそらく、これまで普通救命講習 Iにかろうじて費やされていた時間が「救命入門コース」に取って代わられる、というのが、さしあたっての現実ではないかと思います。
 
消防庁とすれば、普通救命講習 Iにつなげるにすぎないものかもしれませんが、現実的には、これが今後のメイン講習となっていくのではないかなと予想しています。
 
 
小児・乳児・新生児の蘇生を教える普通救命講習 IIIは、大きく期待したいところですが、子どもの特性を踏まえた蘇生を教えることができる指導者がどれだけいるのか、また指導者を育成できる人材がどれだけあるのかは、これからの課題でしょう。
 
消防の応急手当指導員/普及員に限らず全国には、各団体あわせておそらく数万人以上の心肺蘇生法インストラクターがいると思いますが、その中で日常的に子どもの蘇生法を教えている人がどれだけいるか、、、、
 
また普通救命講習 IIIでは、小児・乳児だけではなく、新生児の蘇生も教えると規定されています。
 
ここが疑問です。
 
乳児と新生児、似ているようですが、蘇生法はまったく違います。
 
新生児の蘇生法では、心臓が停まっていても、まずは人工呼吸のみを行います。30秒後の評価の後で、必要なら胸骨圧迫も開始しますが、その比率は胸骨圧迫3回、人工呼吸1回、そんな特殊な蘇生法になります。
 
特殊すぎて、医療従事者もほとんどは知りません。
 
知っているのは、産科医と小児科医、助産師くらいです。
 
そんな特殊な新生児の蘇生を市民向けである普通救命講習に入れるのか?
 
おそらく言葉の定義のあやというか、なにかの間違いかと思いますが、今回の通達を見ての最大限の疑問でした。
 
 
最後にe-learningについてです。忙しい現代人のために、多様性が増えるのはいいことですが、実際にそんなシステムが稼動するのかなという疑問はぬぐえません。
 
総務省消防庁の救命講習は、教育カリキュラムやテキスト作成、実施まですべて地方自治体に任されています。
 
東京のように大手で、外郭団体を作っているようなところなら、不可能ではないかもしれませんが、小さな地方自治体の消防本部では到底無理です。
 
総務省消防庁自体が率先してシステムを作り上げてくれるというなら、非常に画期的だとは思うのですが。
 
 
これらの大綱が、全国の消防組織の総元締めである総務省消防庁から出されたのが2011年8月31日。
 
これを元に各自治体単位の消防本部が実際の運営カリキュラムを作っていきます。
 
その切り替わり時期は、各自治体に任せるので一本化はしないと書かれています。
 
私どもは、東京消防庁と横浜消防の普通救命講習開催ライセンスを持っていますが、横浜市からはまだなんのアナウンスも出ていません。
 
東京消防庁に関しては、今週末、新ガイドライン2010アップデート講習があり、私どもも参加してきます。追加情報がありましたら、またご報告します。
 
 
 

 
 

続きを読む


オリジナル心肺蘇生法講習の組み立て方 その2 [G2010の胸骨圧迫]

連載宣言をした「G2010時代の救急法講習の進め方~指導者ワークショップ」に関するフォローアップ記事第二段。

今回は、皆様の関心が高いと思われる蘇生ガイドライン2010の手技の指導方法について考えてみたいと思います。

手技に関する変更点は主に次の3つ。

1.胸骨圧迫の深さ(成人) 4-5センチ程度 → 少なくとも5センチ
2.胸骨圧迫の速さ 100回/分程度 → 少なくとも100回/分
3.「見て聞いて感じて」の廃止 → 気道確保なしで胸の動きの目視のみ

まず、胸骨圧迫(心臓マッサージ)からいきましょうか。

この変更点をどう救命講習に反映させますか?

変更というにしてはあまりに些細です。特に圧迫の深さの変更は、深さが記録できる高級マネキンを使っていない限り、評価できるものでもありません。

ましてや言葉で、「少なくとも5センチに変わりました!」と言ってもピンとくるわけでもないし、、、、

企業から依頼されたAED講習を組み立てるというグループワークの中で、そんな具体的な指導方法をディスカッションしてもらえたらというのが主催者側の意図でした。

5センチ以上と数字を連呼したところで、受講者の行動には結びつきません。

どうしても数字に目が奪われがちですが、少なくとも5センチに変更されたというメッセージの本質はなんでしょうか?

すごく単純化していうと、弱いとダメ、ということ。

「思ったより強く押してください、自信をもって」などと伝えるのが現実的でしょうか?

たいていの人の胸骨圧迫は「弱すぎる」という点は、ガイドライン2005の時点で言われています。今回のガイドライン2010で新たに示されたのは、不要な人に胸骨圧迫をしてしまった場合でも実害(骨折等)は思ったより少ない(2%)。だから、ためらわず胸骨圧迫をすべきということ。

受講者の実行性を高めるための情報提供として、こういった受講者の不安を軽減させる話もG2010の方向性としてはありと思います。

続いて、胸骨圧迫の速さについて。

これも「少なくとも」100回/分ということで、微妙な変化です。

これに関してはいろいろな意見が出ました。

・110回/分程度のテンポの音楽を見つけて、リズムを取る
・メトロノームを105回/分に設定して、言葉上100回/分以上と説明
・100回/分で従来どおり練習して、このテンポを下回らないようにと説明

何がいいんでしょうね。

エビデンス的には、80回/分を下回ったらダメという点は譲れない

120回/分程度で速いほうがよかったというデータ

速すぎると心臓が空打ちになって効率下がる

速すぎると疲れて、質の高いCPRが継続できない

ここで、インストラクターが押さえておかなくてはいけないポイントがひとつ。

「それじゃ、速ければ速いほうがいいんですか?」

という受講者からの質問への対応。

日本版ガイドライン2010では、速さの上限に関しては十分なエビデンスがないと書かれています。

ガイドラインのとおりに答えれば間違いはありませんが、受講者の行動レベルへの働きかけとしてはちょっとそっけないですよね。

そこで頼りになるのは、まずは 国際コンセンサスCoSTR 2010

There is insufficient evidence to recommend a specific upper limit for compression rate.

ただ、残念ながら日本版ガイドラインの記載とまったく同じ。(というか日本版ガイドラインがこれを踏襲しただけなのですが)

次に、他国のガイドラインを見てみると、面白いことがわかります。

まずはヨーロッパ蘇生協議会(ERC)のガイドライン2010

at least 100min (but not exceeding 120min)

少なくとも100回/分。しかし120回/分を越えないこと

CoSTRにも書かれていますが、論文としては120回/分で効果的だったというデータはあります。しかしそれ以上に関してはデータがない。だから少なくとも120回/分までは速くて大丈夫、という判断。

この部分を採用したのがヨーロッパ。やはり上限を示さないと指導上、困ると考えたのかもしれませんね。

ちなみに オーストラリアのガイドライン2010 では、こんな風に書かれています。

approcimately 100 compressions per minute (almost two compressions/second)

約100回/分(ほぼ1秒に2回)

ここでも120回/分というテンポが登場しています。1秒に2回という言い方は、1分間に100回以上のテンポで、というよりは、わかりやすくて使えそうですね。

このあたりの話を講習会でどれだけ踏まえるかは、インストラクター次第です。日本版ガイドラインには書かれていないことだから受講者に言っちゃいけないというのも一つの考え方。

ガイドラインにないことを結論として伝えることは問題があるかもしれませんが、方向性や考え方を示す程度の引き出しをインストラクターは持っておきたいものです。

こうした情報を知っていれば、「ガイドラインに書いてあるんだから、速ければ速いほうがいいんですよ。1分間に150回を目指しましょう」なんて、おかしなことをいう人はいないはず。

スイマセン、また息が切れてきました(^^;

「見て聞いて感じて」の廃止 については、次回、書きます。


オリジナル心肺蘇生法講習の組み立て方 その1

先日、「G2010時代の救急法講習の進め方~指導者ワークショップ」を開催しました。
 
所属団体問わず心肺蘇生法普及に携わっている人たちが一同に会して学び、情報交換しようという無料のイベント。
 
連休の最終日だったにも関わらず20名近い人たちが集まってくれました。
 
最後は put it all together ということで、CPR講習のコースデザインを行うグループワーク。それを参加しなかった皆さんにも共有していただきたく、ご紹介したいと思います。
 
 
 
その課題はざっとこんな感じでした。

『とある工場から職員50名へのAED講習の依頼を受けた。時間は2時間、予算は10万円。ガイドライン2010の流れで教えるものとして、どのようにゴールを設定し、何に注意してどんな工夫をしますか? スタッフは当日集合。手短にインストラクターたちにコンセプト、注意点など伝達してください。また修了量を出す出さないの問題、またそのデザインや文面も考えてください。可能であれば「よくある質問集」も作ってください』

 

ガイドライン2010対応心肺蘇生法講習の組み立て方ワークショップ

 
 
今回、ワークショップに参加した人の大半は、AHA BLSインストラクターや、消防の応急手当普及員など、心肺蘇生法普及団体に所属している人たちでした。
 
恐らく全国的にもCPRインストラクターといえば、団体所属が普通でフリーランスの人はあまりいないはず。
 
日本の心肺蘇生法講習は厚生労働省の検討会が示した220分という時間目安のせいで3時間コースが大半。大手団体に所属するインストラクターは基本的に3時間でCPRを教えるというスタイルが事実上標準になっています。
 
ここが第一のシンキング・ポイント。日頃3時間でやっているものを2時間で終わらすにはどうすればいいか?
 
考え方は色々あります。例えば、
 
 1.マネキンと指導者の数を増やして時間短縮を図る
 2.人工呼吸は教えない
 3.工夫をした講義時間を減らす
 4.講習終了時の目標(ゴール)の設定を変える
 
こうして、普段はあたりまえと思っている講習の流れを自分で再構築する中で、いろいろ気づくことがあるんじゃないかなというのが主催者側の意図。
 
その中で自然と心肺蘇生法講習の目的・意図の見直しも行われるはずです。
 
例えば、3時間でやっている内容を全部を無理やり2時間で終わらせようと思ったらどんなことが起きるか? インストラクターとしての目標は、「心肺蘇生法講習会」という儀式をそつなく終わらせることではないはず。受講した人が技術を身につけて使えるようになること、願わくばそのスキルを長く維持すること、ですよね。
 
で、あれば受講者のゴールを設定して、講習全体をチューンナップもしくは再構築していく思考が必要となります。
 
こんなところをグループワークのディスカッションで気づいてもらえたらなと考えていました。
 
 
さて、2時間での講習の目標(ゴール)が決まった。次は講習の具体的な進め方を考えていかなくてはいけません。
 
日頃、自分たちが開催している講習に無駄なことはありませんか?
 
ありがちなパターンとして、全員の前でメイン・インストラクターが講義+デモンストレーション。そして各マネキンごとのブースに分かれた後、担当インストラクターがまた説明+デモンストレーション。受講者の練習時間は少なくなっていく、、、
 
デモンストレーションは本当に必要でしょうか?
 
余談になりますが、午後から行われた「G2010時代の救急法講習の進め方~指導者ワークショップ」の前に、同じ会場で市民向け無料AED講習を開催していました。
 
そこでの講習の進め方では、インストラクターのデモンストレーションは一切しませんでした。映像教材も使いませんでした。
 
どうしたかというと、まず受講者さんにやってもらいました。「はい、胸の真ん中に手の付け根を当ててください。そうです、そこです」といった具合に一人の受講者さんを手取り足とり教え、時に「どのようにしたらうまくいくでしょうか?」などと質問を投げかけ、考えながらCPRの流れを行っていただきました。
 
あまりに見事にさらっと流れてしまうデモンストレーションに比べれば、見劣りするかもしれませんが、やっている受講者さん本人や、見ている他の受講者さんの中に残るものはより鮮やかに印象づくのではないかなと思います。
 
ありがちな間違いや、注意点なども自然な形で盛り込んで説明が出来ます。
 
 
インストラクターによる、お手本となるデモンストレーションは絶対に必要なものなのでしょうか?
 
それも根本的に考えるべきポイントかもしれません。
 
 
 
 
 
ワークショップの課題の解説を、と思いましたが、この調子で書いていくと、かなりの分量になりそうなので、ここでいったん区切ろうと思います。
 
冒頭に書いた課題には、実にたくさんの要点・落とし穴が隠れています。
 
しばらく連載の形で紹介していこうと思います。目標は3日おきくらい更新。
 
どうぞご期待ください。
 
 


ガイドライン2010バージョン Hands only CPR のビデオクリップ

Youtubeにアップされていた新しいAHAガイドライン2010準拠のハンズオンリーCPRのビデオクリップです。
 

 
製作したのは American Red Cross アメリカ赤十字。
 
Hands Only CPR はアメリカ心臓協会(AHA)の登録商標ですので、アメリカ赤十字(ARC)がこんなタイトルの映像を作っているのは驚きました。
 
内容はというと、AHAのHands only CPRとはちょっと違っていて、どちらかというとCompression only CPRです。卒倒したら119番してすぐに胸骨圧迫開始ではなく、いちおうG2010方式の呼吸確認をしています。
 
ただし、呼吸確認のタイミングはハートセイバーAED G2010 Interimコースとは違います。
 
アメリカ赤十字は「反応確認とあわせて手短に」という方法。
 
(AHA-ハートセイバーAED Interimコースでは、反応がなければ通報、その後、5秒以上10秒以内で呼吸を視認することになっています)
 
この点は、AHAもスキルチェックシート差し替え事件があったように揺れていましたが、現時点、アメリカ国内でも二分してしまったようですね。
 
圧迫のテンポは at least 100/min(少なくとも1分間に100回)と言っていてこれは問題なし。
 
 
どうやらもともとは How To Perform Compression Only CPR というタイトルでリリースしていたビデオクリップを2011年1月に改定したもののよう。
 
ちなみに古い版はこちら。
 

 
以上、参考まで。
 
 

続きを読む


失敗は恐れなくていい、世界がそれを認めている

BLS-AED.net横浜では、去年11月にAHAから提供された新しい方法で、すでに新しいガイドライン2010準拠の講習をなんどか開催しています。
 
そこで、皆さんからよく質問されるのが、次のような点です。
 
 


『呼吸確認が簡単になったのはいいけど、本当は呼吸をしていたり心臓が動いていたらどうしよう?』
 
 
『そんなに強く胸を押して骨が折れたりしないんですか?』


 
 
実は、こんな誰もが疑問に思うことについても、国際蘇生コンセンサス CoSTR 2010 はきちんと答えを示してくれています。(国際コンセンサス CoSTR 2010 とは、ガイドライン2010の大元になっている科学的根拠に基づいた蘇生に関する国際的な推奨・合意事項集です)
 
米国の Circulation という学術誌に発表された国際コンセンサス CoSTR 2010 の一次救命処置のセクションには、Risks to Victim(傷病者へのリスク)というセンテンスがあります。
 
そこにはこんな命題と、世界各国からの論文報告の検討、そして結論(国際合意事項)が載っています。
 
 
命題: 市民救助者が心停止ではない成人と小児に胸骨圧迫心臓マッサージをした場合、どれくらいの頻度で害(肋骨骨折など)を生じるか?
 
In adults and children who are NOT in cardiac arrest, how often does provision of chest compressions from lay rescuers lead to harm (eg, rib fracture)?
 
 
論文報告の検討: 市民救助者(バイスタンダー)によるCPRが、救助・医療専門職のCPRより合併症が多いというデータはない。
 
There are no data to suggest that the performance of CPR by bystanders leads to more complications than CPR performed by professional rescuers.
 
ひとつの研究では、バイスタンダーCPRのあるなしにかかわらず、心停止者の胸部X線検査における負傷の発生の違いはなかった。
 
One LOE 4 study documented no difference in the incidence of injuries on chest radiograph for arrest victims with and without bystander CPR.
 
(中略)
 
バイスタンダーCPRを受けた非心停止者247人の追跡調査によると、12%の人が不快を訴えたが骨折は5人(2%)だけだった。また内臓損傷はなかった。
 
Of 247 nonarrest patients with complete follow-up who received chest compressions from a bystander, 12% experienced discomfort; only 5 (2%) suffered a fracture; and no patients suffered visceral organ injury.
 
 
結論(国際勧告): 心停止が疑われる人に、現場に居合わせた人(バイスタンダー)がCPRを行い、結果的に心停止でなかった場合でも重大な害にはめったにつながらない。従ってバイスタンダーCPRは断固推奨されるべきである。
 
In individuals with presumed cardiac arrest, bystander CPR rarely leads to serious harm in victims who are eventually found not to be in cardiac arrest; and therefore, bystander CPR should be assertively encouraged.
 
 
 
 
 
強く押しても大丈夫。肋骨の骨折は心配するほどは多くない。
 
仮に間違って、必要のない人にCPRをしてしまっても大丈夫。失敗を恐れず、呼吸をしていないかなと思ったらためらわずに胸を押そう!
 
そんなことが、国際的な合意事項、それも蘇生科学に裏打ちされた内容として世界に向けて発信されています。
 
皆さん、どうぞ勇気を持って行動してください!
 

 
 

続きを読む


ガイドライン2010、新しい心肺蘇生の拡がり

昨年10月に発表された蘇生法国際コンセンサス2010と各ガイドライン2010。
 
今頃、いろいろな心肺蘇生法普及団体が教育プログラムを策定しているところと思います。
 
早いところでは、新生児蘇生に関しては早くも受講者用マニュアル が完成した模様ですね。
 
BLS-AED.net横浜が提携している American Heart Association(AHA:アメリカ心臓協会)の公式なG2010教材が出るのは3月~4月(日本語版は5月~6月)予定ですが、世界の蘇生をリードする学会だけあって、去年12月から「ガイドライン2010暫定コース」をいち早く展開しています。
 
私共も日本で一番、二番を争うくらいのタイミングで、ガイドライン2010準拠コースに完全移行しました。
 
この後、メディックファーストエイドや、総務省消防庁、日本赤十字社など、G2010対応コースに切り替わり、2011年はガイドライン2010の新しい蘇生法があちこちで花開く画期的な年になりそうです。
 
 
さて、AHAガイドライン2010の心肺蘇生法(CPR/BLS)の大きな変更点ですが、下記のような点があります。
 

 ●胸骨圧迫の深さ: 4~5cm程度 → 5cm以上
 ●胸骨圧迫のテンポ: 100回/分程度 → 100回/分以上
 ●呼吸確認の「見て聞いて感じて」の廃止
 ●気道確保(A)―人工呼吸(B)―胸骨圧迫(C) → 胸骨圧迫(C)―気道確保(A)―人工呼吸(B)

 
 
胸骨圧迫の重要性がこれまで以上に強調されてています。
 
胸骨圧迫の強さは「胸が5センチ以上沈むように」と改められました。
 
これまで以上に強く押すように言われています。
 
また、呼吸確認の時は、頭を後ろに下げてあご先を持ちあげる気道確保(頭部後屈あご先挙上)をする必要はなく、胸を中止して呼吸をしている動きがあるかどうかを見るだけでよくなりました。
 
CPR(心肺蘇生法)の手順も、気道確保+人工呼吸からではなく、呼吸がないか正常でなければ、胸骨圧迫心臓マッサージからはじめるように改められ、全体としては蘇生法がやりやすくなっているはずです。
 



意識がない人を見つけたら、まず119番。
 
胸の動きを見て、明らかに正常な呼吸をしていると確信が持てるとき以外は、まずは胸骨圧迫心臓マッサージ開始。
 
30回の胸骨圧迫の後、もしできるのであれば人工呼吸を2回行い、AEDが届くか、救急隊がくるまでそれを続ける。



 
 
細かい”お作法”は、いま各団体毎に頭を絞っているところですが、大枠ではこんな感じに仕上がるはずです。
 
春先以降にはガイドライン2010対応と銘打った講習会があちこちで開かれるようになっているはずなので、これまで蘇生法を学んだ人はもちろん、初めての人もぜひ、講習会に参加するようお勧めします。
 
 
BLS-AED.net横浜では、1月10日に横浜駅近くでガイドライン2010心肺蘇生法ワンコイン講習会を企画しています。開催日が迫っていますが、受講申し込み、まだ受付中です。


AHAとERCのガイドライン2010発表

蘇生の国際コンセンサスの発表と同じ時間に、アメリカ心臓協会とヨーロッパ蘇生協議会から、それぞれガイドライン2010が発表になりました。
 
どちらもインターネットでガイドライン全編が無料ダウンロードできるようになっています。
 
CPRに関しては、ERCは大きな変更がないもののAHAは、人工呼吸より先に胸骨圧迫を行うという現実に即した形に改められました。
 
また、「見て、聞いて、感じて」の呼吸確認は廃止されました。
 
このあたりの話は、明日、取り上げたいと思います。
 
 
今日は、ファーストエイドのガイドライン変更に関する話題を中心に取り上げました。
 
 
 
情報はすべてBLS-AED.net横浜のガイドライン2010のページにまとめています。
 
どうぞそちらをご覧ください。
 
またこまめに更新していきますので、たまに目を通していただけると嬉しいです。


ガイドライン2010心肺蘇生法、本日解禁

いよいよ本日、心肺蘇生法ガイドライン2010が情報解禁、発表になります。
 
少なくともヨーロッパ蘇生協会ERCは解禁時間の2010年10月18日 日本時間14:30きっかりにERC版ガイドライン2010を無料ダウンロード開始することを明言しています。
 
前回のガイドライン改定と同じパターンだと、機関誌 Resuscitation に掲載される全文がカラー版PDFでダウンロードできるようになるはずです。
 
AHA版ガイドライン2010もAHAウェブサイトで公開されると思いますが、全文公開なのかサマリーなのかはまだ不明。
 
どちらの情報も下記、本サイト内に情報をまとめてあります。
 
 
 


心肺蘇生ガイドライン2010 リアルタイムで世界に同期

いよいよ週明けには、新しい心肺蘇生法ガイドライン2010の発表ですね。
 
 
ガイドライン2010が出てしまったら、新しい内容についていくのに精一杯になってしまいますので、今のうちに心肺蘇生国際ガイドラインの予備知識についてまとめておこうと思います。
 
ガイドラインの大元になる蘇生の国際コンセンサス(CoSTR)は、ILCORと略される国際蘇生連絡協議会という国際会議で作られます。
 
その国際会議の主力メンバーが、アメリカ心臓協会AHAだったり、ヨーロッパ蘇生協議会ERC、そして今回から正式に加盟するようになったアジア蘇生協議会です。
 
アジア蘇生協議会に関してですが、細かい事情の説明は割愛しますが、実質的には=日本蘇生協議会JRCと思ってください。
 
前回のガイドライン2005の時は、アジア蘇生協議会(日本蘇生協議会)はまだ正式にILCOR会議に参加していませんでした。
 
ですから、CoSTRの情報解禁までは、新しい心肺蘇生法(BLS/ACLS/PALS/NRP)の内容を日本は知りませんでした。
 
一方、ILCORメンバーだったAHAやERCは発表前からCoSTRの内容を知っていましたので、CoSTR 2005の情報解禁と同時に、AHAガイドライン2005、ERCガイドライン2005を発表し、センセーショナルな新しい心肺蘇生法の世界に突入していったわけです。
 
このとき、日本は完全に出遅れました。
 
CoSTRという原本を元に、アメリカとヨーロッパがそれぞれ自国の事情を加味して作成したガイドラインからいいとこ取りして日本版ガイドラインを発表したのは半年後のこと。そこから日本国内組織(消防/日本赤十字社など)が教育プログラムの変更をしていきましたので、ガイドライン2005が日本国内で広まったのは、実に1年以上たってからになってしまいました。
 
 
しかし、今回のガイドライン2010では違います!
 
日本もアジア蘇生協議会という名目のもと、ILCOR会議に参加していますので、日本の関係者はすでにCoSTR 2010の内容を掌握しています。
 
そのため、今回はCoSTR 2010の情報解禁とほぼ同時に日本語版ガイドラインのドラフト(下書き)が発表されることになっています。
 
厳密にいうと、CoSTRに遅れること1日、2010年10月19日 正午の予定です。
 
おそらくAHAとERCは、CoSTR解禁と同じ2010年10月18日 14:30(日本時間)には発表されると思いますので、それからするとちょっと遅い気もしますが、今回はほぼリアルタイムに日本語でガイドライン2010の内容を読めるのは嬉しい限りです。
 
英語に慣れた人以外は、CoSTR原本(英語)や、AHA/ERCガイドラインを英語で読むよりは1日遅れでも日本語版で読んだ方が結果的には早いかもしれません。
 
 
今までは最新情報はどうしても英語に頼らざるを得ませんでしたが、今回はリアルタイム。
 
このことはもしかすると、日本国内で実施される蘇生法に関して、大きな転換点になるかもしれません。
 
それについては明日、書きたいと思います。