小児救急

エピペン&アレルギー

エピペン注射の仕方は日米で違う!

BLS横浜では American Heart Association公式のファーストエイド講習 の中で、2008年頃よりエピペン注射の指導を行ってきました。 日本でエピペン(アドレナリン自己注射器)が… (see more)
エピペン&アレルギー

保育園に出向いて職員にエピペン®を教えるということ

前回、保育園でエピペン®の取り扱いを含むアナフィラキシー対応研修をさせていただいた話を書きましたが、その続きです。 講習後、園長先生と専属の看護師の方と、今後の保育園としての体制や職員(保育士)への継… (see more)
エピペン&アレルギー

エピペン講習のあり方、現場に必要なこと

エピペンの使用法自体はとても簡単です。使い方を教えるだけなら10分もあれば十分です。しかし、打ち方がわかれば使えるのか? というとまた違います。現場では必ずパニックがおきます。そこを見越した訓練が必要なのではないでしょうか? 不測の事態をすこしでも、想定内にしておくこと。
エピペン&アレルギー

エピペン注射をする人 その優先順位

保育園で園児がアナフィラキシーショックを起こしました。その子はエピペン(アドレナリン自己注射器)を携帯しています。 今、救急車が到着し、現場には保育士と救急救命士がいますが、まだエピペン注射をしていま… (see more)
BLS(心肺蘇生法)

BLS 〜成人と小児を「思春期」で分ける理由〜

日本ではあまり区別されなくなりましたが、もともと成人BLSと小児BLSは区別されています。その境界線は思春期。なぜ思春期で救命法が変わるかというと、心停止の原因が心原性と呼吸原性と変わってくるからです。その理由は思春期の意味を考えると見えてきます。
PEARS/PALS(医療者向け小児救急)

AHA-PALSプロバイダー【1日】コース

 
PEARS/PALS(医療者向け小児救急)

心停止の原因は不整脈だけじゃない・・循環不良、呼吸不全

 
BLS(心肺蘇生法)

「養護教諭、保育士、学校教員のための小児救急法フルコース」終了しました

 
PEARS/PALS(医療者向け小児救急)

ナース向け小児急変対応コースAHA-PEARS終了

 
エピペン&アレルギー

養護教諭/保育士/学校教員のための小児救急法フルコース

 
子どもの安全(小児蘇生)

子ども救急法講習~経口補水液

お盆休みの最中の今日、横浜駅近くのかながわ県民活動サポートセンターでAHAファミリー&フレンズ・ファーストエイドforチルドレン講習を開催しました。 子どもの救急法を学ぶこのプログラムは、年齢別の子ど… (see more)
エピペン&アレルギー

AHA公認小児ファーストエイド講習会開催

 
BLS(心肺蘇生法)

子どもの心停止の原因は大人と違う

子どもの命を救うには人工呼吸は欠かせません。心臓マッサージとAEDだけで救えるとしたら、不整脈による心臓突然死に限られます。このケースは子どもでは限定的です。
子どもの安全(小児蘇生)

乳児・小児・成人/心肺蘇生法の年齢区分

「子どもへの心肺蘇生法を勉強したいんですけど・・・」 そんなご相談を受けることがよくあります。 2004年7月にAEDの市民使用が解禁されて依頼、日本でもAED講習が広く開催されるようになっていますが… (see more)
PEARS/PALS(医療者向け小児救急)

小児急変対応AHA-PEARSプロバイダーコース

 
子どもの安全(小児蘇生)

学校教職員のエピペン緊急注射訓練

 
子どもの安全(小児蘇生)

自己注射器エピペン講習と学校教職員:子どものアレルギー

 
タイトルとURLをコピーしました