救命講習 in ダンススタジオ

横浜市内のダンススタジオからの依頼で、救命講習を開催してきました。
 
受講されたのはソシアルダンスの先生方7名。
 
うかがったところによると、ダンスの競技会で、実際に人が倒れる場面などをこれまで何度も目撃したことがあるそうです。
 
皆さん、ダンスの選手で先生。背筋がピンと伸びて胸骨圧迫のフォームがとてもきれい!
 
リズム感もバッチリで、1分間に100回という胸骨圧迫のテンポもすぐに体で覚えてしまったのが印象的でした。
 
1分間に100回というと、アンパンマーチがちょうどいいくらいなのですが、他にSMAPの「世界にひとつだけの花」や中島みゆきの「地上の星」も100回/分のテンポと言われています。
 
ゆっくり過ぎると効果があまりないし、早すぎると疲れてしまって力が弱くなりがちだから、100回/分がちょうどいいんですよ、という話をしてきました。

続きを読む


病院で医師向け一次救命処置(BLS)講習

横浜市内の病院で、研修医の先生方を対象にアメリカ心臓協会AHAのBLSヘルスケアプロバイダーコースを開催してきました。

今回は受講者人数がやや多めでしたので、東京方面からもAHA公認BLSインストラクターさんが手伝いに来てくれて、インストラクターたちも和気あいあいと情報交換を楽しみながらの講習会でした。

心肺蘇生国際ガイドライン2000の時代に教わってきた先生方も多かったので、ガイドライン2005になってからの変更点をやや強調気味に講習を進めました。

さすが日頃、実践で心肺蘇生を行っている先生方ですから、手技はほぼ完璧。3時間もかからずにコース修了。

皆さま、おつかれさまでした。

続きを読む


出張AHA-BLSコース

千葉県にある専門学校からの依頼でアメリカ心臓協会のBLS資格取得コース(BLSヘルスケアプロバイダーコース)を開催してきました。
 
受講者人数が多かったので午前と午後の2回に分けさせてもらって、朝から晩までなかなかハードな日程でした。
 
アメリカ心臓協会のBLSコースは、1体のマネキンを3人で共有することを認めていますが、将来専門職者として、職業的に心肺蘇生に携わる学生さんたちでしたので、一人一体のマネキンを準備して、みっちりと体に蘇生技術を染みこむまで練習してもらいました。

続きを読む


温浴施設での救命講習

今日は市内の温浴施設での救命講習でした。
 
受講者6名に対して、練習用マネキンは3体準備。
 
指導員は横浜市の応急手当普及員、応急手当指導員の他、埼玉から救急救命士さん、プロのBLSインストラクターとして活動する臨床工学技士さんがが集まってくれて、ほぼマンツーマンに近いような密度の濃い講習会となりました。
 
普通救命講習は完全なボランティア活動ですが、いつも遠くから手伝いに来てくれる志の高い方たちに支えられてBLS-AED.net横浜は成り立っています。

続きを読む


麻酔科医の先生たちにBLS講習会

年明け早々、今日は市内の総合病院内でアメリカ心臓協会AHAの医療従事者対象のBLSヘルスケプロバイダーコースを開催してきました。
 
受講者は麻酔科の医師たち3名。
 
さすが、麻酔科、人工呼吸の専門家。バッグバルブマスク換気は手慣れたものです。
 
3時間もかからず全カリキュラムが修了。
 
 
数年後から、日本麻酔科学会でもAHAのBLSとACLS資格取得が義務化されることになっているそうです。
 
今後、ますます医師たちからのコース開催需要が増えていくようです。

続きを読む


弓道場で心肺蘇生講習

市内の弓道場からの依頼で、蘇生練習用マネキン2体を担いで出張講習をしてきました。
 
日頃、背筋をピンと張って弓を射っている方たちですから、胸骨圧迫(心臓マッサージ)練習のときも腕がまっすぐに伸びて、ぶれることなく正確に真下に圧迫してて、さすが! と思いました。
 
受講者4名に対して、ボランティア参加してくれたインストラクターは3名。
 
マンツーマンに近い密度の濃い講習で、質疑応答も活発に行えて、ご依頼頂いた責任者の方からも満足していただけたようです。

続きを読む


都内の高校で救急蘇生法講習会

本日は都内のとある中高一貫校からの依頼で、生徒対象のCPR講習会を開催しました。
 
受講者が約40名と、普段の私たちの活動からするとかなりの大規模講習。
 
ベテラン救命士インストラクターさんに総合司会をお願いしましたが、パソコンで作ってきてくれたプレゼンテーション教材がすばらしく、参加した10名近いインストラクターたちも引きつけられるように見入っていました。
 
心肺蘇生法という、普通の市民の方たちにはなじみの薄い技術を身につけてもらうためには、なぜこれを学ぶのか? という必要性を感じてもらうことが大切です。
 
心肺蘇生技術を身につけよう、と思ってもらえるようにモチベーションを高める工夫がふんだんになされていて、とても勉強になりました。

続きを読む